google-site-verification=5w8nI88q-PF2RiIfxlUHPtt_4rssbEteeFq8X5cSWXM 3人子育て。子どものごはんや成長日記〜アンチエイジングレシピと身近なことの雑記ブログ

母子家庭での生活費や住宅のことは悩ませられることもしばしば…。しかし、母子家庭での生活に関する支援は探せば意外とたくさん存在することをご存知ですか?

 

 

支援ばかりに頼るのは良くないのでは…と感じる方も少しでも家庭の負担がなくせて、自立への第一歩になるのならば子育て支援・生活支援は大いに頼るのはむしろ前向きで素敵なことだと思います。

ここでは、いくつか子育て支援や生活の支援に関するものをご紹介します。

 

私も気になって調べた結果なので参考までにご覧下さい。

詳しいことは各市町村、自治体に問い合わせてみて下さいね。

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

■母子家庭等日常生活支援事業■

◇支援内容◇

・乳幼児の保育
・食事の世話
・身の回りの世話
・生活必需品などの買い物  など

 

■ひとり親家庭生活支援事業■

◇支援事業◇

・ひとり親家庭相談支援事業
・生活支援講習会等事業
・児童訪問援助事業
・学習支援ボランティア事業
・ひとり親家庭情報交換事業

 

■学習支援ボランティア事業■

■母子生活支援施設■

■母子自立支援員■

■子育て短期支援事業■

 

などの生活支援や子育て支援があるんですね。


頼れるところには頼ってしっかりと自立した生活を送りたいですね。

母子家庭になったら住宅の確保と仕事の確保をしっかりと検討しなくてはなりません。

 

最近は女性が仕事がしやすいといっても、専業主婦から仕事を急に始めなくてはならなくなってはやっぱり働き先を見つけるのはとても大変です。

 

母子家庭の方に人気の職業はホームヘルパーなどの資格のいる職業のよう。おすすめなのは働きながら資格が取れる仕事などもいいと思います。他には時間が安定している医療事務なども人気のようです。また、最近は副業など家でリモートワークできる仕事など視野に入れている方も多いようです。離婚を考えているなら、結婚している間にも仕事のことを念頭に入れておくべきですね。

 

母子家庭の住宅手当はあるの?

母子家庭(父子家庭)の住宅手当はあります。20歳未満の子供を養育している母子家庭(父子家庭)で家族で居住するために住宅を借りて月額1万円を越える家賃を払っている人を対象としている制度です。

 

・所得制限

・市町村独自の制度

など一定の条件がありますが、概要は以下のようになっています。

 

◇支給対象者

※支給対象者は各自治体によって違う場合があります。大まかな概要を記載しておきます。

1.母子家庭(父子家庭)で20歳未満の子供を養育している
2.生活保護を受給していない

3.申請先の住所地に住民票があり民間アパートに居住している

4.6ヶ月以上申請先の住所地に住んでいる
5.前年度の所得が児童扶養手当の所得制限限度額に満たない場合

 

支給される金額

支給される金額に関しては市区町村によって違いがあります。5000円〜10000円程度が平均的と言われています。また、母子家庭の補助制度が比較的充実していると言われている地域は

 

・世田谷区

・江戸川区

・豊島区

・練馬区

・品川区

 

と言われています。

引っ越しを考えている人は上記の地区や、手当などが充実している地域への引っ越しを視野に入れるといいでしょう。

母子家庭の仕事

住宅の手当などを利用して家計を軽くできたとしても、母子家庭の生活を支えるには仕事をしなくてはなりません。元から共働きで働いていた方は離婚後もそのままお仕事を続ければ大丈夫ですが、専業主婦からお仕事を探すのは実際とても大変です。

 

実際、母子家庭ではみんなどんなお仕事をしているのかをチェックしていきましょう。

 

母子家庭に人気の仕事

 

母子家庭に人気の仕事には、以下のようなものがあります。

 

◇正社員

・事務

・専門職

・サービス業

 

パート

・サービス職業

・販売

・事務

 

参照:厚生労働省 平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11920000-Kodomokateikyoku/0000188157.pdf

 

母子家庭の仕事で重視すべき5つポイント

 

母子家庭の仕事で重視すべきポイントを知って仕事を探しましょう。チェックすべき5つの項目をチェックしていきましょう。

 

1.勤務時間

2.給料

3.母子家庭への理解がある

4.福利厚生が充実している

5.やりがいのある仕事

 

働く母子家庭への支援制度

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

就業経験が乏しい人ににとってすぐに仕事を探したり見つけたりするのは難しいもの。そのため、母子家庭への支援制度を利用して資格を取得して就職先を見つけるのもおすすめです。

 

自立支援教育訓練給付金

就業経験が乏しく生計がままならない母子家庭(父子家庭)の能力開発のため対象教育訓練を受講して終了後、経費の60%を上限として支給される制度です。

対象となる講座などは、各都道府県などによっても違いがあるため、気になる方は確認してみましょう。

 

参照:【厚生労働省】母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

 

高等職業訓練促進給付金等事業

母子家庭(父子家庭)の看護師や介護福祉士等の資格取得のため1年以上養成機関で修業するとき、高等職業訓練促進給付金が支給される場合があります。

 

◇対象者◇

母子家庭(父子家庭)であって20歳未満の児童を扶養している以下の条件に当てはまる人

児童扶養手当の支給を受けているor同等の所得水準

養成機関において1年以上のカリキュラムを修業、対象資格の取得が見込まれる場合

仕事または育児と修業の両立が困難

※平成25年度入学者から父子家庭も対象

受講前に都道府県等から講座の指定を受ける必要があるので気になる方は各都道府県に問い合わせて確認してみしょう。

 

◇支給額◇

月額:10万

月額:7万5百円

※養成機関における課程修了までの期間の最後の12か月は別条件の支給額になる

 

対象となる資格◇

・看護師

・介護福祉士

・保育士

・歯科衛生士

・理学療法士

・保健師

・助産師  など

 

参照:【厚生労働省】母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

 

 

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

 

母子家庭の方で住宅に関して不安や疑問、悩みを持っている方はたくさんいます。

賃貸の家賃出費は月々大きくのしかかるため、このまま賃貸物件い住み続けるか持ち家を持つかを悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

とはいっても母子家庭の生活では中々自分の理想の新築物件を手に入れるのが難しいという現状があります。今回は母子家庭の方がマンションなどを購入するときのメリットや購入するためにはどれくらいのお金が必要なのかをチェックしていきましょう。

 

母子家庭の住宅 | マンションを購入するメリット

 

家計を大きく左右する「家賃」。中古物件の購入を検討しているけど実際どんなメリットがあるのかを知っておくことをおすすめします。では早速中古物件を購入するメリットをチェックしていきましょう。

 

金銭的負担が減る場合がある

 

賃貸物件で月々家賃を支払うよりも持ち家を購入した場合、月々に払う金額を同等額にできればローン完済後には自分の資産になるのでお得と言えます。現状は仕事があり働けていても将来的に年金生活になることなどを考えると後に家賃の支払いがなく過ごせると心と懐に余裕が出てくるという意見も多くあります。

 

団体信用生命保険に加入可能

 

金融機関で住宅ローンを組む(一括支払い以外)ことになりますが、中々ローンを組みずらいのがシングルのネックと言えます。ただ、団体信用生命保険に加入することで母子家庭などシングルの家庭でも何かあっても安心して購入することができます。

 

将来的に資産になる

 

家賃などの固定資産は家計の負担になっているご家庭も多いですが、賃貸と違いローンを完済すれば自分の資産になります。自分だけでなく子供たちの為に将来資産として残しておきたい方は、マンション購入はとてもおすすめです。

 

シングルマザー向けの中古物件サイト


シングルマザー向けの中古の物件を紹介してくれるサイトもあるようです。将来のことを考えると中古マンションを購入というのを念頭に入れている方にとってはとても嬉しいサイトですよね。住宅にお悩みの母子家庭の方はたくさんいるようですが一度中古の物件を見に行くのも良いかもしれませんね。

 

母子家庭の住宅ローンや審査の基準

母子家庭の悩みのひとつに自分たち母子家庭でも住宅ローンを借りられるのかという点を疑問に思う方も多いでしょう。ここからは母子家庭でも住宅ローンが借りられるのか・審査の基準内容などをチェックしていきましょう。

 

母子家庭の住宅ローンは借りられる?

 

 

答えとしてはYESです。近年では、女性専用医療特約が付帯されている団体信用生命保険付き住宅ローンが急増しています。そのため審査基準には「家族構成」がありますが、実際のところ家族構成を重要基準としている金融機関は約2割程度しかいません。母子家庭の住宅ローンでは、以下の項目が重視されていると言われています。

 

◇年収

年収に関しては審査基準として見られると言われています。住宅ローンの審査では返済能力があるかどうかをチェックされるため年収は重要視される項目のひとつです。

 

◇年齢・健康状態

 

年収と同じように、返済能力の有無として年齢や健康状態なども審査基準のひとつとされています。

 

◇勤続年数

年収だけでなく、勤続年数を審査の重要項目としている金融機関はなんと9割にものぼると言われています。短期間での転職や非正規社員では、ローンを組むのが不利であると言われていることも事実です。

 

母子家庭の住宅購入に際する手当てや補助金はあるの?

残念ながら国の母子家庭に特定の補助金はありませんが、各自治体によっては母子家庭の住宅手当などを用意している地域があります。自身がお住いの自治体へ問い合わせすることをおすすめします。

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

貸付金 母子寡婦福祉貸付金

母子家庭でとても困ることのひとつに住宅のことがありますよ。できることなら住宅の手当が受けられると助かるというご家庭も多いのではないでしょうか?

住宅の手当の中には貸付金があります。

 

これは銀行などから借り入れをするよりも利息が安いのが特徴。中には、無利子のものもあるようです。

 

では貸付金とはどんな制度なのでしょう?母子家庭の貸付金についてチェックしていきましょう。

 

貸付金 母子寡婦福祉貸付金の概要

■母子寡婦福祉貸付金■

母子寡婦福祉貸付金とは対象者となるのは配偶者の居ない女性で現状で児童を扶養している事などに対し経済的な自立に対するものであって又扶養している児童の福祉を増進することを目的とする。


【対象となる者】

◇母子福祉資金◇

配偶者のない女性で現状として児童を扶養している。(母子家庭又は母子福祉団体がこれにあたります。)

 

◇寡婦福祉資金◇

寡婦(かふ)等。

【貸付金の種類】

◇事業開始資金
◇事業継続資金
◇修学資金
◇技能習得資金
◇修業資金
◇就職支度資金
◇医療介護資金
◇生活資金
◇住宅資金
◇転宅資金
◇就学支度資金
◇結婚資金

 

【貸し付けの条件】

◇利子◇

貸付金の種類により変わるが、無利子または年利1.5%。

◇償還方法◇

貸付金の種類により異なる。据え置き期間後は3年から20年。

◇実施主体◇

各都道府県、指定都市、中核市。


詳しくは問い合わせてみて下さい。

母子家庭の世帯は最近は本当に多いようです。母子家庭になる前に自分にどういった手当が支給されるのかなども検討しておくと良いかもしれませんね。


*参考文献*

厚生労働省
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/hitorioya_shien/keizai/boshi.html

厚生労働省 貸付のごあんない

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/hitorioya_shien/keizai/boshi.files/2020boshifushi.pdf

 

母子家庭・父子家庭の住宅手当

 

 

母子家庭での金銭的な負担はとっても多いですよね。
皆さんは母子家庭で父子家庭での住宅手当がある地域があるのをご存じでしょうか、住宅手当も各自治体などによって仕様が変わるようなのでお住まいの場所では【住宅手当】がどうなっているかをチェックしてみて下さい。

 

住宅に関する全国で統一された制度は無い

 

住宅に関しての母子家庭での特別な手当・給付金・助成金・補助金は存在しません。しかしながら、コロナ渦の現状では厚生労働省の住宅確保給付金生活困窮者自立支援制度などを利用できる場合があるので気になる方は以下の厚生労働省のHPをご覧ください。

厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000622924.pdf

 

各自治体によって住宅手当には違いがある

 

各自治体によって住宅手当には違いがあることを覚えておきましょう。それぞれの地域によって特色が違うため、住宅手当を受けたいと思っている方は、お住いの各自治体に問い合わせをしてください。ここでは 東久留米市を例に住宅手当とはどういったものかをご説明しようと思います。


【ひとり親家庭住宅手当】

※H28年6月1日からひとり親家庭住宅手当の所得制限限度額に変更があったようです。

 

◇対象者◇

18歳未満の子どもと同居するひとり親家庭等で以下の要件を満たす人。

1.自らが居住する民間賃貸住宅を賃借し、その賃借料を支払っている

2.所得制限限度額未満の方

3.その他で住宅にかかる公的扶助を受けていない


と言う条件を満たす者。


◇所得制限限度額◇

所得制限限度額未満の方 所得額
0人 1,92万円未満
1人

 2,30万円未満

2人 2,68万円未満
3人 3,06万円未満
4人 3,44万円未満
5人 3,82万円未満

※5人以降一人につき38万円加算


◇申請必要書類◇

・受給申請書
・借家賃貸借契約書の写し 
・申請者名義の口座のわかるもの 
・印鑑

 

◇手当額◇

3,500円


*参考文献*
東久留米市HP
http://www.city.higashikurume.lg.jp/kensaku/kurasinosiori/menu/kurashinogaido_index.htm

例としては東久留米市の住宅手当を記載しましたが、各自治体、市町村によって違うので詳しくは各自治体などに連絡をして【母子家庭/父子家庭での住宅手当】の申請方法などを聞いてみて下さい。

 

少しでも家計が軽くなれば良いですよね!

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

 

小児医療費助成制度

母子家庭での金銭的な負担は、一般家庭に比べると大変だという現実が圧し掛かってきます。特に子供は急に風邪をひいたり怪我をしたりと医療費がとてもかかってしまうこともしばしば…。一般家庭でも小児医療費助成制度はありますが、別れる前のパートナーが管理していたらいろいろとわからないこともありますよね。

 

 

母子家庭でも小児医療費助成制度は適用になるので、引っ越しなどで住所が変わった場合でも各自治体に連絡をしてこの制度を利用するようにしましょう。


少しでも金銭的負担を減らしたいとお考えの方【小児医療費助成制度】もしっかりと利用していきましょう。

小児医療費助成制度各自治体によっても内容が違うようなのですが、

小児医療費助成制度とは、基本的に、0歳から中学校卒業までのお子さんをお持ちの家庭の経済的(医療費)負担を軽減するという目的があるようです。

 

小児に対する福祉の増進を図ることを目的としている制度で、お子さんの入院に対する保険診療の自己負担分を助成してくれる場合もあるようです。 


小児医療費助成制度は、各自治体によって詳細は異なる場合がありますので確認が必要にです。


小児医療費助成制度が気になる方は自分のお住まいの各自治体に問い合わせしてみることをオススメします。

自己負担分をしっかり減らして、少しでも余裕のある生活を送りたいですよね。
 

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

ここでは母子家庭等医療費助成金制度についてご紹介しようと思います。

 

母子家庭等医療費助成金制度

◇概要◇

母子家庭等医療費助成金制度とは、母子家庭などに対しての医療・必要費用の一部を助成してくれる制度です。


◇対象者◇

同居している人達全員、前年分(1〜6月の申請については前々年分)所得税が課税されていない方で、

1,20歳を迎える前日の属する月の末日までの児童を扶養している母子家庭の母と児童または父子家庭の父と児童。

2,両親がいなくて、かつ20歳を迎える前日の属する月の末日までの児童

が対象者となります。


◇助成支給額◇

保険医療による自己負担額。

*但し、高額医療費や健康保険組合等により付加給付が支給される場合その額は除外する。
*また、交通事故やケンカによるものは支給対象外


◇申請必要書類など◇

・戸籍謄本(1ヶ月以内のもの)
・健康保険証(母子/父子共)
・申請者名義の通帳
・印鑑


各自治体によって詳細が異なる場合もあるようなので詳しくは各自治体などに問い合わせをして下さい


母子家庭で申請して支給される手当や支援はしっかり利用するようにしましょう。
 

母子家庭の手当支援として利用する方も多いのが【生活保護】ですよね。

でもいったい生活保護ってどうやって受けるの?ってお思いの方もいらっしゃると思います。

ここでは生活保護の情報をご紹介しようと思います。

 

生活保護


日本の政府や自治体が経済的困難を抱える国民に対し、生活保護費を支給するなど、最低限度の生活を保証する制度のこと。正確には生活保護制度と言います。

◇手続き方法◇

事前相談
 ↓
保護申請
 ↓
保護費支給
 

まずは自分の住んでいる場所の地域の「福祉事務所」の生活保護担当に相談することからはじまります。

◇必要書類◇

なし

相談をする際には必要な書類は無いようですが、自分の収入のことや悩みなどはしっかりまとめて言った方が相談もしやすいと思います。

申請をした際には、世帯の収入・資産等の状況がわかる資料(通帳の写しや給与明細等)を提出する場合がるようです。

 

◇支給される保護費◇

厚生労働大臣の定める基準によって計算され最低生活費と収入を比較、収入が最低生活費に満たない場合にのみ最低生活費から収入を差し引いた差額が保護費として支給とされています。

 

最低生活費
年金・児童扶養手当等の収入 支給される保護費

 

◇保護の種類・内容◇

 

※詳細については厚生労働省のHPをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

母子家庭に突然なってしまったら精神面にもきついですが、生きていく上では金銭面もしっかりとサポートが受けられる部分を。ここでは遺族厚生年金についてご紹介したいと思います。

 

遺族厚生年金


◇支給概要◇
・被保険者が死亡したとき、もしくは被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡した場合に支給されるもの。

◇支給条件◇
・死亡した人の、保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上あること。(保険料免除期間を含む。)

◇対象者◇
・妻
・子/孫

子/孫の対象は
*18歳到達年度の年度末を経過していない者
*20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者

◇年金支給額◇

・報酬比例部分の年金額[本来水準]

{平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数

                                           +

平均標準報酬額×5.481/1000×平成15年4月以後の被保険者期間の月数}×3/4

 

 

 

・報酬比例部分の年金額[従前額保障]

{平均標準報酬月額×7.5/1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数

                  

平均標準報酬額×5.769/1000×平成15年4月以後の被保険者期間の月数}

×1.002×3/4

※従前額保障…平成6年の水準にて標準報酬を再評価後に年金額を計算したもの
 


厚生労働省HPをチェック

母子家庭での生活も大変なこともたくさんあるかもしれませんが、支援してもらえるもの、年金などはしっかりチェックしましょうね!
 

母子家庭で死別してしまった場合などの遺族基礎年金についてご紹介しようと思います。


 

JUGEMテーマ:ひとり親家庭

 

◇支給概要◇
・被保険者もしくは老齢基礎年金の資格期間を満たした人が死亡した際に支給されるもの。

◇支給条件◇
・死亡した人の、保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上あること。(保険料免除期間を含む。)

◇対象者◇
•遺族基礎年金は、死亡した者によって生計を維持されていた子のある妻、子。

子の対象は

*18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子供の事を言う。

*20歳未満で障害等級1級または2級の障害を持つ子。

 

◇年金支給額◇

※令和2年4月分より〜

781,700円+子の加算

●子の加算とは・・・

・第1子・第2子 各 224,900円
・第3子以降   各 75,000円

である。


詳しくは日本年金機構のHP(https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150401-04.html)をチェックしてみて下さい。
母子家庭での手当、支援してもらえるものはしっかり活用したいですね。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

おすすめ

おすすめ

おすすめ

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • フルーツビネガーの作り方!市販のベリーミックスと氷砂糖で簡単♡炭酸水・牛乳で!
    a

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM