■ふんわりやわらかい

HMで簡単朝食!ホットケーキ・ハムチーズ

忙しい朝、簡単においしいごはんができたらいいですよね。10分もかからずチャチャっと作ることができれば言うことなし!そんな時に便利なのが、ホットケーキミックス。でも、朝から甘いのは苦手……という方も多いですよね。それなら、ハム&チーズを使ったお食事パンケーキをいただきましょう。

 

 

<材料>(2人分)

A

・ホットケーキミックス……150g

・牛乳……100ml

・たまご……1個

 

・スライスチーズ……適量

・ハム……適量

・マヨネーズ……適量

・胡椒……適量

 

 <作り方>

1.ホットケーキミックスでホットケーキを普段作る作り方で混ぜる。

 

 

2.フライパンに薄く油を入れ、ホットケーキミックスをいつもよりも少なめに入れ、その上にハム・チーズ・マヨネーズ・胡椒を乗せ、その上からホットケーキミックスを乗せる。

 

3.弱火にし、ホットケーキの表面がフツフツとなったら、裏返し弱火でやり、火が通ったら出来上がり!

 

10分程度で作れちゃうので忙しい朝でも◎!ぜひつくってみてくださいね!

 

<チーズの栄養素>

チーズは、牛乳よりもカルシウムが豊富です。また、ビタミンB2もタップリ含まれていて、疲労回復にも効果的。健康的で、風邪予防にも活躍するビタミンBAもしっかりと含まれています。ハムと組み合わせることで、ビタミンDも摂取できるため、おいしいだけでなく、効率的に栄養素を吸収できるのでおすすめです。

 

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:幼稚園弁当 キャラ弁

 

日々作ってきたこどもたちの「おべんとう」の写真もタップリとたまってきました。記録としてこちらのブログでアップしていこうと思っています。

 

同じ型抜きでも、いろいろな動物の形が作れます。特にいろいろ活用できるのが「クマ型」!デコ弁を始めようと思っている方で、どれを購入しようか迷っているなら、ぜひおすすめしたいアイテムです。

 

 

 

■クマのそぼろ弁当

<おべんとうの中身>

・ クマのそぼろ

・ 錦糸たまご

・ チーズ

・ マカロニのナポリタン

・くろまめ

 

お弁当にご飯をいれて、その上にクマ型を置きます。クマ型の中にはそぼろ、周りには錦糸たまごをいれて型を抜き取ればクマのそぼろ弁当の出来上がり。

 

■かえるのおにぎり弁当

JUGEMテーマ:幼稚園弁当 キャラ弁

 

<おべんとうの中身>

・ カエルのおにぎり

・ウインナー

・ コーン

・ 黒豆

・里芋煮

・お花の人参

 

カエルは、デコフリで作っています。クマ型だとカエルも作りやすいので◎。雨の日のお弁当にカエルさんをいれると子どもも嬉しい気持ちになってくれるかなぁ!

 

●相変わらず、量の少ない娘のお弁当ですが、楽しく食べられるなら◎。このころは「〇〇ちゃん、ぶろこりー(ブロッコリー)たべられるよー。すごいねー!(キラキラ!)」とお友達のお弁当を覗く余裕も出てきているみたい。食べることが苦手な娘、少しずつ食べられるものが増え、一緒に食べ歩きができたら嬉しいなぁと思っていた当時。

 

3年生の娘は絶賛偏食中ですが、ほんの少しずつ食べられるものが増えてきています。これからが楽しみだなぁ。

 

日々作ってきたこどもたちの「おべんとう」の写真もタップリとたまってきました。記録としてこちらのブログでアップしていこうと思っています。

 

当時から偏食の多い娘は、幼稚園の先生から「量をとにかく少なめにしてください」と言われてしまいました。お弁当の時間は40分間、ゆっくり食べても時間はあまりそうなものの、娘は周りのお友達が気になって中々食べられないそう。

 

元々たくさん入れていなかったものの、言われた通り少なめにすると…下の画像くらいの量に(汗)

 

 

■ピカチュウのスライスチーズ

<おべんとうの中身>

・ ピカチュウのチーズ

・ しゃけおにぎり

・ チーズ

・ アンパンマンポテト

・くろまめ

 

少ないですよね……。ピカチュウのチーズは、スライスチーズを楊枝で形を整えます。少し溶けるとやりにくいので、冷やしたバットの上でチーズの型取りをするのがおすすめ。上記の量でやっとのこと40分以内に食べ終わるとのこと……。

 

■マイメロのスライスチーズ

<おべんとうの中身>

・ マイメロのチーズ

・ しゃけおにぎり

・ マカロニ

・ 人参

・金時豆

・お花のハム

・唐揚げ

 

マイメロちゃんの下に、鮭おにぎりが隠されています。唐揚げもササミor胸肉しか食べられないので、いつもどちらかで作っていました。

 

●とにかく量を少なめに!ということを先生から伝えられて、何度か減らしていた時期。ピカチュウのスライスチーズが一番少ない時期のピーク。こんなので足りるのかな?不安でしたが、今では、無理にたくさん食べるのではなく、お弁当の時間を楽しくするためには確かに必要なことだったと感じています。

 

何事もマイペースな娘にとって、先生が配慮してくださったこと。本当に感謝です。おかげで、毎回完食!お弁当の時間も毎回楽しいと言っていました。

 

今もそうですが、娘はチーズ・ササミ・たまご・豆など偏ったものしか食べません。また、食材が混ざっていると食べるのが難しいので、素材の調理をあまりせずそのままお弁当に入れることが多かったなぁと、懐かしい。

 

もちろん、いろいろな食材を食べることは大切ですが、無理に食べさせるのではなく、興味が沸いたりすると意外と食べてくれるもの。何事も気長に対応すれば、不安も少なくなりますよね。

 

まずは「お弁当の時間を楽しくする」というのは、本当に大切なこと。みんなで食べると楽しいね!おいしいね!から、少しずつ食べられるものを増やすといいですね!

 

 

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

■ハヤトウリとカニカマのあんかけ

 

 

先日、ハヤトウリをいただきました。ぽってりとしたカボチャのようなフォルム、ホワイトカラーの愛らしさに、ほっこり。マリメッコのプータリンパルハートの中に混じってそうなデザインが、かわいい。味わいも繊細で優しく味もしみやすいので、子どもでも食べやすいお野菜ですよ。

 

 

 

<材料>(2人分)

 

・ハヤトウウリ……1個

・カニカマ……適量

 

A

・水……300ml

・顆粒鶏ガラだし……小2

・塩……少々

・砂糖……小1/2

 

B(水溶き片栗粉)

・水……大1

・片栗粉……大1

 

・ごま油……数滴(香り付けに)

 

 

 

 <作り方>

1.ハヤトウウリは食べやすい大きさに切り、皮・種を抜く。鍋に分量外の水を入れ5分程度湯がき水気を切り、茹でている間に、カニカマをほぐしておく。

 

2.Aを鍋にいれ、湯がいたハヤトウウリを入れコトコト10分程度茹でる。ハヤトウウリに火が通ったらBの水溶き片栗粉を入れてとろみが出るまで混ぜる。

 

3.トロミが付いたら、ほぐしたカニカマを入れ、ひと煮立ちし、香り付けのごま油を回し入れてできあがり

 

 

<ハヤトウウリの栄養素>

ハヤトウウリは、カロリーも低くダイエットに適している食材です。調味料もしみやすく薄味で作ってもホクホクとした食感がおいしいので、子どもにも大人にもピッタリ。ハヤトウウリには、ビタミンCや葉酸が多く含まれているので、女性にとっても嬉しい食材です。

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

■ふんわりやわらかい

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

とり天の照り焼き丼

鶏の胸肉のレシピに迷ったらおすすめなのが、少ない油で揚げて甘辛いたれを絡めるだけでOKのとり天の照り焼き丼がおすすめ。簡単にチャチャっと作れるので、胸肉の消費に困ったらぜひ作ってみてくださいね!

 

<材料>(4人分)

 

・とり胸肉……300〜400g

 

A

・しょうゆ……大1

・酒……大1

・おろししょうが……小さじ1

・塩コショウ……適量

 

B

・卵……1

・小麦粉……大1

・片栗粉……大2

・水……大3

 

・揚げ油……大4〜6

 

C

・醤油……大2

・みりん……大2

・砂糖……大2

・酒……大2

 

・千切りキャベツ……お好みで

・温泉卵……お好みで

・万能ねぎ……お好みで

・マヨネーズ……お好みで

 

 

 <作り方>

1.とり胸肉を1口サイズに削ぎ切りし、Aをボール(ビニールでもOK)に入れそこに削ぎ切りしたとり胸肉を入れて揉み、10分ほど味を染みさせる。その間にフライパンに揚げ油をいれ、別のボール(ビニールでもOK)にBを入れ混ぜておく。

 

2.10分程度たったら味を付けた鶏肉をBに入れて、揚げ油を180℃に加熱。鶏肉を揚げ油に1枚ずつ投入。少ない油で揚げるので、片面2分ずつくらいが目安。小さな一口サイズにしているので、衣がきつね色になればOK、心配なら火が通っているか確認しましょう。

 

3.余分な揚げ油をふき取り、そこにCを全量いれてひと煮立ちさせ、揚げた鶏肉を潜らせる。

 

4.丼にごはんを盛り付け、キャベツの上に味の染みたとり天をのせ、マヨネーズをかけ温泉卵を乗せて万能ねぎをパラパラっと掛けたらできあがり。

 

 

<とり胸肉の栄養素>

鶏肉は言わずと知れた、たんぱく質を多く含む食材ですが、とり胸肉には、ナイアシン・パントテン酸も多く含まれています。ナイアシンとは、アルコールを分解するのにも一役かってくれますが、三大栄養素がエネルギーに代わるときにもサポートしてくれる優れものの栄養素です。

 

また、パントテン酸は、ストレス・イライラなどを和らげる効果が期待できると言われています。パントテン酸は、一般的な食事をしていれば、普段の食事で不足することはないと言われていますが、お酒を飲みすぎたりすると、パントテン酸が多く必要になります。

 

今回のレシピは、飲んだ翌日で小腹が空いたときなどに◎。簡単に作れてボリュームもあるので、子どもでも大人でもおいしくいただけます♪

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:幼稚園弁当 キャラ弁

 

日々作ってきたこどもたちの「おべんとう」の写真もタップリとたまってきました。調理というほどでもないお弁当たちですが、「これなら、箸で持ちやすいかなぁ?」などと考えて作っていた時期があったなぁ。と思うと懐かしい!

 

ちょこちょこ「こどものおべんとう」もアップしていきます。

 

■型抜きで簡単!クマとパンダのお弁当

<おべんとうの中身>

・ クマのチーズ

・ しゃけおにぎり

・ ハートのたまごやき

・ ハム・チェダーチーズのハート

・うさぎさんウインナー

・ナゲット

・えだまめ

・おはなのにんじん

 

<おべんとうの中身>

・ パンダのチーズ

・ しゃけおにぎり

・ たまごやき

・ タコさんウインナー

・ナゲット

・えだまめ

・おはな&ハートのにんじん

・海苔とチーズ巻き

・黒豆

 

●偏食の多い娘。箸が使えるようになったか、ならないか位の時期ですが、通園していた幼稚園では「なるべくお箸で!」という方針だったので、なるべくつかみやすい(差しても食べられる)ように考えて切っていました。

 

特に、人参のお花は真ん中に穴をあけるだけで見た目もに◎ですが、箸を穴の中に入れて掴みやすいので、まだ箸の扱いに慣れていないこどもの料理に入れるのはおすすめ。お弁当だけでなく、おうちごはんでも活用できますよね。

 

こどものお弁当は見ても楽しく、食べやすいことが大切なのかな?と思っています。最初はみんなで「お弁当を食べると楽しい!」と思ってもらえるのが良いですよね。おいしい!・たべやすい!ことが、こどものおべんとうには重要ですね♪

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

■ローストビーフ

シャトルシェフを使用した、簡単ローストビーフです。この時期だからこそ、お安く購入できる牛肉ブロックでごちそうを堪能!



<材料>
〈4人分程〉

・牛脂…1かけ(牛肉を購入するときにもらいましょう。)
・牛ヒレ肉……300g〜400g

・ジップロック……1枚(耐熱85℃以上のもの)

 

A

・ニンニク……1かけ

・塩……適量

・ブラックペッパー……適量

・ハーブミックス……適量

 

 

B

・水……1600ml

・水……200ml(お湯にしたものを冷ます用)

 

 

C

・肉汁……全量

・水……大2

・酒……大3

・砂糖……大1

・醤油……大1

・片栗粉……小1

・水……大1(水溶き片栗粉用)

 

 

<作り方>
1.ニンニクをすりおろし、Aを牛肉全体に刷り込み常温に戻すため、30分ほど置いておく。

2.フライパンに火をかけ牛脂を溶かし、常温に戻した牛肉を強火で全体的に焼き色が付くまで焼く。その間にBの水1600mlをシャトルシェフに入れ沸騰させる。沸騰したら火を止め残りの水200mlを入れる。そうすると大体85℃位になる。


3.焼きあがった牛肉を、耐熱ジップロック入れて空気を抜いてシャトルシェフの鍋の中にいれて、シャトルシェフに投入。公式サイトでは、保温時間が【レア:30分・ミディアム:45分・ウェルダン:60分】となっています。肉の大きさや厚さによって分数は加減するといいと思います。(今回のレシピ画像は、350gの厚さ5cmの肉を35分保温しました。)

4.保温し終わったら取り出し30分ほど、常温で休めておく。30分たったら、肉汁をフライパンに、牛肉は好みの暑さにカットする。水溶き片栗粉を作り、フライパンに入れた肉汁と水溶き片栗粉以外を入れてひと煮立ち、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を入れとろみをつけソースのできあがり。ソースはかけたり、別の器に入れて出してもok。簡単にローストビーフのできあがりです。

 

シャトルシェフの公式レシピはこちら↓↓

(https://www.thermos.jp/recipe/detail/me_roastbeef_02.html)


<牛肉の栄養素>

牛肉はアンチエイジングにもピッタリの食材です。牛肉にはご存知の通り動物性たんぱく質が含まれています。この動物性たんぱく質は、自分の体内では作ることができない「8種類の必須アミノ酸」がバランスよく配合されているのです。この8種類の必須アミノ酸は、丈夫な体を作るには必要不可欠な栄養素なので、成長期の子どもにもピッタリ。

 

また、牛肉にはビタミンB2が含まれています。ビタミンB2とは、新しい細胞を作る際に活躍する栄養素。「発育のビタミン」とも呼ばれ、アンチエイジングには欠かせない栄養素です。ビタミンB2が不足すると肌トラブルが起こりやすいと言われているので、積極的に取り入れるのがおすすめ。


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

■ふんわりやわらかい

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

豆腐inハンバーグ

スタンダードなハンバーグも良いけど、少し柔らかめのハンバーグが好き!という方におすすめなのが、豆腐をinするハンバーグです。豆腐を入れても主張しすぎることはないので、豆腐があまり得意でない方にもピッタリ。豚100%でも柔らかいハンバーグは作れますが、牛のうまみもしっかりと感じながら柔らかいハンバーグを楽しみたい方はぜひ作ってみてくださいね!

 

<材料>(5人分)

A

・合いびき肉……600〜700g

・コンソメ顆粒……小さじ2

・塩コショウ……適量

・牛乳……大2

・パン粉……大2

・卵……1個

 

・タマネギ……1個

・氷……1〜2個

・絹豆腐……1丁

・水……100ml

 

B

・ソース……大3

・ケチャップ……大3

・砂糖……大1

・すりおろしにんにく……小1

・バター……10g

 

・チーズ……お好みで(今回はチェダーのスライスチーズ使用)

 

・キッチンペーパー……2枚程度

 

 <作り方>

1.タマネギをみじん切りにしてフライパンに油をひき炒める。タマネギが油に馴染んだら氷を1〜2個入れる。←(こうするとタマネギが早くあめ色になるかな…。冷凍したみじん切りの玉ねぎを炒めるのもおすすめ。)あめ色になったら火からおろす。

 

2.豆腐にキッチンペーパーを巻き500Wで1分程度加熱して水切り。大き目のボールに、Aの材料・炒めたタマネギ・水切りした豆腐を全部入れて、よーく捏ねる。

 

3.形を整えて、両面を焼き水をいれて蓋をして弱火〜中火で10分ほど蒸し焼きにする。蓋を開け余分な水分を飛ばし竹串などで中に火が通っているか確認し透明の肉汁が出てきたらOK。

 

4.ハンバーグを焼いたフライパンをキッチンペーパーでふき取り、そこにBをいれて軽くひと煮立ちしたらハンバーグにかけてできあがり。

 

お好みでチーズをかけてもおいしいですよね。

 

<豆腐の栄養素>

豆腐には、サポニン・イソフラボン・カルシウムなど体に嬉しいたくさんの栄養素が含まれています。豆腐は加熱してもあまり栄養素が逃げないと言われているので、混ぜて加熱してもOKといわれています。

 

合い挽きに含まれる豚肉と玉ねぎは相性抜群。豚肉に含まれるビタミンB1を効率よく摂取できるだけでなく、旨みもアップするのでいろいろな料理で組み合わせられていますよね。

 

 

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:楽しいごはんと元気な体

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

 

 

■ひき肉とトマト缶のカレー

ちゃちゃっと簡単にできるカレー。でもワンパターンだと家族も飽きてしまいますよね。そんなときは、体にも嬉しいトマト缶を使ったカレーがおすすめです。

簡単に作れるだけでなく、濃厚な味わいなので、ご飯だけでなく、付加したジャガイモにかけチーズをプラスしたり、ドリアにするのも◎。いろいろバリエーションを楽しめるのに簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。



<材料>
〈4人分程〉
・合い挽き……300g

・ニンニク……1かけ

・タマネギ……1個

・ピーマン……1〜2個

・ナス……1本

・トマト缶……1個(カットorピューレ)

・水……100ml

・コンソメキューブ……1個

・塩コショウ……適量

・ケチャップ……大さじ2

・カレールー(固形)……2〜3かけ(味をみつつ調節)

・油……大さじ1

 

 

<作り方>
1.ニンニク・タマネギ・ピーマン・ナス・をみじん切りにします。

2.フライパンに油をひき、ひき肉を炒めて塩コショウで味をつける。そこに、みじん切りにした野菜を入れ一緒に炒める。さらにトマト缶(ピューレの場合は潰しておく)と水を入れる。


3.クツクツなったらコンソメを入れ溶かし、ケチャップを入れて全体的に混ぜ火を止める。

4.火を止めたところにカレールーに入れて混ぜる。カレーの味が濃い目が良い方はカレールーを調節してください。ルーが溶けたらもう一度火にかけて弱火でひと煮立ちさせてできあがり。


<トマト缶の栄養素>

トマト缶って栄養素がなくなってしまっているのでは?と思われる方も多いと思いますが、トマトを代表するリコピンは生のトマトよりも多く摂取できると言われています。

 

また、うまみ成分であるグルタミン酸も多く含まれているので、調味料を多く入れなくてもおいしくいただけるのが魅力。さらにダイエットに良い成分として最近人気の「13-oxo-ODA(ジュウサンオキソオーディーエー)」も含まれているので、中性脂肪を燃やす効果が期待できるとも言えます。

 

トマトと相性が良いのは、お肉!生のトマトをお肉と組み合わせるのは苦手な方でも、トマト缶だとソースとして使用したり煮込んだりと相性抜群なのでおすすめ。トマト×お肉は煮込み料理で調理するとリコピンをもっと積極的摂取できるだけでなく、肉の臭み消しにもなるので一石二鳥ですよ。

 


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

 

 

■唐揚げ×マヨコーン!食物繊維をおいしくプラスしよう♪

唐揚げが好きな子どもは多いですよね!揚げ物は大変と感じても、パクパクたくさん食べてくれるので、唐揚げを作るご家庭は多いと思います。でも、唐揚げの時ってどうしても、バランスよく食事をとるのが大変…。特に、生野菜が好きではない子どもは、唐揚げだけパクパク食べてしまうこともしばしば…。そんな食卓におすすめなのが、「マヨコーン」です!ジュワっとおいしい唐揚げと甘くてシャキシャキなコーンの組み合わせが絶妙ですよ。

 

とうもろこしが安く手に入るこの季節に、リーズナブルに作れるのでおすすめ。今回は鶏むね肉を使った唐揚げとの組み合わせなのでなお、お安く仕上がります♪

<材料>
〈5人〜分〉
・鶏のむね肉……600g程度

 

〇ブライン液〇

・水……600ml程度

・塩……小さじ2程度

・砂糖……小さじ2程度

〇つけダレ

・醤油……大さじ4

・ニンニク……1かけ(すりおろす)

・ショウガ……小さじ1(すりおろし)

・ごま油……小さじ1

 

・揚げ油……適量

・片栗粉……適量

 

〇マヨコーン〇

・とうもろこし……1本〜2本

・マヨネーズ……大さじ2程度

・バター……10g

 


<作り方>
1.鶏肉を一口大に切り、ボールに水・砂糖・塩を入れ、ブライン液を作り、鶏肉を入れ20分位浸す。その間にコーンの皮を剥き、コーンを縦にして粒を切り、洗って水を切る。

2.20分たったら、ブライン液を良く切り、そこにつけダレをいれてプラス20分〜30分つける。その間にフライパンにバターを入れ、コーンを火が通りまで炒め、冷ます。

3.つけダレにつけて20分たったら、つけダレを軽く切り、別の器に片栗粉を入れて片栗粉をまぶし、唐揚げを揚げる。揚げている間にコーンとマヨネーズを混ぜておく。

4.揚げ終わったら、唐揚げをお皿に盛り付け、マヨコーンを別皿に盛り付けて出来上がり。


マヨネーズが苦手な方はバターコーンをそのまま乗せてもおいしいですよ。

 

↓ブライン液につけている状態です。↓

とっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。ブライン液は塩+水で作るのが一般的ですが、砂糖を入れたほうが柔らかく仕上がるのでおすすめです。

 


<コーンの栄養素>

コーンは子どもが好きな野菜としても大人気。甘くてシャキシャキでおいしいですよね。そんなコーンは、女性にも嬉しい食物繊維が豊富。食物繊維の中でも水に溶けない不溶性食物繊維が豊富なので、便秘解消にも◎!揚げ物など食物繊維が不足しがちな時にいただくのは、とてもおすすめ。肉と一緒に摂取することで、たんぱく質と食物繊維をしっかりと取り入れられるので、栄養バランスも◎です。生野菜が苦手なお子さんとの食事にもコーンはとてもおすすめですよ♪

 


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ

おすすめ

おすすめ

[ ]

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM