初心者在宅WEBライターにおすすめなクラウドソーシングサイトをご紹介

リモートワーク

初心者でも在宅WEBライターになれる?

「働きたい!」と思ってもなかなか一歩踏み出せない方におすすめなのが在宅ワーク。在宅ワークはさまざまな種類の職種がありますが、初心者にもおすすめな在宅ワークのひとつに「在宅WEBライター」があります

在宅ライターは初心者でも気軽にチャレンジできるため、主婦だけでなく幅広い年代の方に注目されている職業です。しかし、手軽にチャレンジできても、「まずは、何から始めればよいのか…」と迷う方も少なくありません。

そこで今回は、在宅WEBライターにおすすめなソーシングサイトを3選ご紹介します。あわせて「在宅WEBライターが心がけるべきポイント」「在宅WEBライターにおすすめのツール」をご紹介するので、初心者でも在宅WEBライターの夢を叶えたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

初心者在宅ライターに必要なスキル

結論、初心者在宅WEBライターになるために「資格」は必要ありません

資格が要らない職業なので誰でもいつでも始めたい!と思ったときに始められるのが魅力です。ただ、資格は要らないと言っても在宅WEBライターとしてしっかりと活動したいならおさえておくべき点があります。

在宅ライターとして必要な力

・調べる力
・読み取る力
・文章力
・行動力

ライターになるための「資格」として掲載されている記事もたくさんありますが、在宅のWEBライターとして活動するためには、資格は必要ありません。実際私も数10年在宅でライターの仕事をしていますが、ライターに関しての資格は、ひとつも有していません。

自分の力で在宅WEBライターとして活動するなら「調べる力」「読み取る力」「文章力」「行動力」が必要です。特に「読者にとって有益な記事を書けるのか」「記事としてしっかりと答えを出せているのか」は大切なポイントとなります。

また、それと同時に「行動する力」が重要です。昨今、ネット上にはWEBライターの仕事は数多あります。しかし待っているだけでは案件は舞い込んで来ないので「自分から積極的に行動」する必要があります

初心者在宅ライターの平均的な文字単価

平均的な文字単価は、案件によっても大きく違いがありますが、一般的にWBライターの求人は1文字0.2円~3円程度で掲載されている場合が多いです。その中でも初心者のライターの求人では1文字0.2円~0.8円程度の案件が多くなっています

書くジャンルや書く文字数によっても違いがありますが、初心者の在宅ライターが狙うべき文字単価の価格は0.5円~0.8円程度を目安に探すのがおすすめです。安すぎる単価の記事は文字数が少なければOK、逆に高すぎる案件は専門性のある記事やアダルト関連の記事が多いため初心者在宅WEBライターにはおすすめできません。

在宅WEBライターは誰でも始められるため、始めの頃は報酬が高くありません。在宅WEBライターの仕事を探すなら、「初心者歓迎」「マニュアル完備」「手厚いサポート」と記載のあるものや文字数は1,000文字~3,000文字程度の案件を探すのがおすすめです。

初心者在宅WEBライターにおすすめなクラウドソーシングサイト3選

初心者在宅WEBライターとして活躍するなら知っておきたいのが「クラウドソーシングサイト」と「求人サイト」です。

まずは、初心者が活躍しやすい初心者在宅WEBライターにおすすめなクライドソーシングサイトをチェックしていきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイトとして有名です。WEBライターをはじめエンジニア・デザイナーなど、さまざまな職種が200種類以上掲載されています。クラウドワークスは、「仮払い方式」を採用しているため、クライアントさんからの未払いなどの不安もなく仕事ができます

「クラウドワークス」で無料会員登録する

ランサーズ

出典:ランサーズ

ランサーズはライティングの案件がとても多いため、初心者の在宅WEBライターに向いているクラウドソーシングサイトです。登録者がとても多いため、さまざまなWEB記事作成の案件が掲載されています。

 

未経験でも簡単に探せる仕事が多いため、まずは登録してみたいと言う方にもおすすめです。

「ランサーズ」で無料会員登録する

ハンドメイドチャンネル

ハンドメイドチャンネルでは、「ブログライターになりたい人」に向けて実際にブログライターと活動して人生に新たな可能性を見出すプログラムが用意されています。

 

在宅WEBライターの中でも「ブログライター」として活躍していきたいハンドメイドが好きな方にはもってこいのサイトです。今なら採用お祝い金として10万円がもらえるキャンペーンを行っています

「ハンドメイドチャンネル」10万円貰えるキャンペーンをチェックする

初心者在宅WEBライターが心がけるべき5つのポイント

初心者在宅WEBライターとして活動するなら、心がけておくべきことがあります。初心者WEBライターとして活動したい方に知っておいて欲しい心がけるべきポイントを、チェックしていきましょう。

納期をしっかりと守る

どの仕事でもそうですが、「納期を守る」のは大前提として大切です。特にWEBライターの仕事はクライアントさんと顔を合わせて仕事することが少ない職種となります。相手の顔が見えない分、自分の行動によって評価されます

初心者WEBライターとして成功させたいなら最低限である納期はしっかりと守りましょう。もし納期に間に合わなそうなら前もって相談・報告を怠らないようにしてください。

報連相を怠らない

報連相も在宅WEBライターで活躍するなら大切です。些細なことでもトラブルや質問が合ったら積極的に連絡しましょう。納品の報告、記事に対する連絡などは洩れなく伝えましょう。

レスポンスを早く心がける

クライアントさんとのレスポンスを早く対応するように心がけるのも、大切です。スマホでも確認できるツールがたくさんあるので、指定されたツールは積極的に使用するようにしましょう。

自分の仕事に責任感を持つ

顔が見えない相手だからこそ、自分の仕事に責任をもってしっかりと最後まで行うことはとても重要です。クライアントさんとの信頼関係があってこそ成り立つ仕事なので、できる量やできる質を事前に考えしっかりと対応していきましょう。

自己管理意識をしっかりと持つ

在宅ワークは自宅で行うため誘惑がたくさんあります。周りの人がいない環境で自分のリラックス空間で仕事を行う方も少なくないため、自己管理をしっかりとする必要があります。

業務中にスマホをちらちら見てしまったり、ついつい横になってしまったりなどしないためにも、しっかりとオンオフを分けましょう

初心者在宅ライターにおすすめのツール3選

初心者在宅ライターがライティングをするときにあると便利なツールを3選ご紹介します。無料で使えるツールも多くあるので、自分にあったツールを導入してみてください。

コピペチェックツール

ライティングをしていく上で、記事の盗用などはNGな行為です。自分が書いた記事がコピぺ判定されないためにも「コピペチェックツール」を使用しましょう。コピペチェックツールは無料で提供されている場合も多く、CopyContentDetector・コピーコンテンツチェックツールなどが便利です。

文字数カウントツール

WEBライティングは文字単価で報酬が支払われる場合が多いです。「200文字の記事を書いてください。」「1,000文字の記事を書いてください」など文字指定されることがほどんどなので、執筆している文字数がどれくらいなのか分かるツールも導入しておくと便利です。

「文字カウントツール」と検索すれば無料で利用できるツールがたくさんあるので自分に合ったツールを選択してください。

校正ツール

ライティング初心者にとって自分の書いた記事は合っているのか?と疑問を抱くことも少なくありません。自分の書いた文章の書き方に不安を持っているうちは「校正ツール」を使用するのもおすすめです。

どのツールを使用するか分からない方は、無料で利用できる「so-zou.jp」や「Tomarigi」などを使用してみましょう。

初心者でも在宅WEBライターになれる!

初心者でも在宅ライターになるのは簡単です。資格などもいらないため、始めようと思ったときがはじめ時。どのクラウドソーシングサイトも無料で登録できるところばかりなので、気になる方はぜひクラウドソーシングサイトにアクセスしてみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました