妊娠線とは?妊娠線を予防するための3ステップをチェック

JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備
できると治りにくい妊娠線
妊娠した際に悩まされることの中の一つに妊娠線の事があると思います。
妊娠線とは妊娠中のママの皮膚に現れる事の多い、赤みを帯びた線のこと。これが出来るとなかなか直すのに大変の様です。
妊娠初期から気にかけておきたい妊娠線は、ママのお腹だけでなく胸やおしりや太股などにもできる場合があります。
 
私は3人の子供がいますが、最初に妊娠線の事を知ったのは、1人目の妊娠の時の妊娠初期ではなく妊娠中期のお腹が大きくなってきてからでした。慌てて調べてマッサージなどを始めた記憶があります。
 
ここでは妊娠線の事が知りたいという人の為に妊娠初期から知っておいた方が良い妊娠線の事をご紹介していきたいと思います。
 
 
妊娠線とは?
妊娠中のママの皮膚に出来る妊娠線は赤みを帯びたいくつもの線のことを言うようです。妊娠によって大きくなるお腹や胸や太股にるとされています。これは皮膚が急激に伸ばされる事から現れる場合が多いです。
 
皮膚は、上から、表皮、真皮、皮下組織からできているのですが、皮下組織の中にある脂肪細胞が急に大きくなると、表皮はそれにともなってある程度は伸び真皮や皮下組織は、その伸びについていくことができずに、断裂して、その下にある毛細血管が見えるこれが妊娠線なんだそうです。
 
決して妊娠線はすべての妊婦さんに出来るわけではないのですが、だいたい7割の人が妊娠線が出来てしまうと言われています。
一般的に、おなかが大きく目立ちはじめる妊娠7ヶ月ごろからこの症状が出てくるとされています。
 
私は自分のかかりつけの医師の方の乾燥肌だからなるべく優しくマッサージしながらクリームをすり込むようにマッサージしてね。と言われました。医師からは、乾燥肌の人の方が妊娠線がなりやすいということを聞いたので、乾燥肌の方は注意することをおすすめします。
妊娠線の予防するための3ステップ
1.しっかりと保湿が重要
妊娠したら保湿を徹底するのが良いとされています。乾燥している皮膚は、ダメージを受けやすいとされているためローションやクリームなどで保湿をすることを徹底しましょう。お風呂上りだけでなく、1日に何度か保湿を心がけるのがおすすめです。
2.優しく丁寧にマッサージ
皮膚を引っ張るように強くマッサージするのは絶対にNGです。ローションやクリームやオイルなどを塗って、優しく丁寧にマッサージをするように心がけましょう。おへそを中心に、優しくくるくると手のひらで優しくマッサージするのがコツです。
3.適度な運動とバランスの取れた食事
何よりも大切なのは適度な運動とバランスの取れた食事を心がけること。母体が健康であることは子どもが健やかに過ごすためにとても優れています。特に、タンパク質やナイアシンやビタミンCをバランスよく摂取するのが良いとされています。
 
 
こちらの記事もおすすめ
妊娠初期症状に起こる腹痛・便秘・下痢の症状とは
 
リプロスキンはニキビにおすすめ!オークションや店頭での購入はNG?
 
マナラのクレンジングがおすすめ!安心の返金保証と美容液成分をご紹介
 
妊娠初期の出血が気になる。生理のような出血など5種類をチェックしよう
 
妊娠初期症状:生理前症候群・月経前症候群・PMSについて
 
SGA性低身長症とは?子どもの身長の伸び悩みを感じたら小児(内分泌)科の専門医へ
 
母子家庭になるともらえる12の手当!母子家庭の5つのメリット・デメリットをご紹介
 
離婚経験者の声・体験談を一挙公開!生活の大変さ、世の中の不条理を知る。
 
しわの原因を知って対策しよう!しわの種類を解説♡いつまでも若々しい肌をキープしよう!
 
離婚経験者の声・体験談を一挙公開!仕事・子供の学校の役員…すべて一人でこなす日々
 
母子家庭の住宅手当:生活費支援
 
リコピンをたっぷり摂取!ひき肉とトマト缶のカレー【簡単おいしい!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました