母子家庭の手当 | 児童扶養手当の支給方法と配偶者のDV被害に対する児童扶養手当もチェック

JUGEMテーマ:ひとり親家庭
母子家庭の手当をチェックしていこう
母子家庭は大変なこともたくさんあります。
 
2人での子育てを1人でやらなくてはならないのですから、でもお子さんのためにもママがしっかりしないとですよね!
母子家庭の方を支える行政の母子手当をしっかり知ることもとても大切です。でも実際自分で調べてみると、いろいろ条件があって大変な事もたくさんありますよね。
 
今回は、母子手当の金額や母子手当を受給するための条件、母子家庭手当の所得制限、離婚後の事などの情報を提供できればと思います。
 
最近では若い世代の母子家庭の方もたくさんいるようです。若いパワーでがんばって欲しいですが、一人では悩まないで、少しでもたすけになれればと思っています。
 
 
 
母子手当・児童扶養手当支給要件
母子手当はシングルマザーになった方とても気になることですよね。
ここでは児童扶養手当の支給要件をご紹介しようと思います。
 
児童扶養手当支給要件
 
下記のいずれかに該当する子供について、父、母、養育者が看護等をしている場合に支給される。
・父母が離婚解消した子供
・父もしくは母が死亡した子供
・父もしくは母が一定度の障害の状態にある子供
・父もしくは母の生死不明の子供
・父もしくは母が1年以上遺棄している子供
・父もしくは母が裁判所からのDV保護命令を受けた子供
・父もしくは母が1年以上拘禁されている子供
・婚姻でない間に生まれた子供
・棄児などで父母がいるかいないかが明らかでない子供
 
支給要件は以上の事でなくても他にも支給要件があるようなので上に該当しなくても支給されるか知りたい方は自分の住んでいる市町村に相談してみて下さい。
 
お金の事に関しては本当に子供を育てていくのにはシビアですよね。
頼りたくない!ってかたもきっといると思いますが、頼れるところは頼ったって良いと思います。
一人で悩まないで、市町村の方に相談するなどして下さい。
決して一人でため込まないで下さいね。
 
頼れるところには頼る、それも自分自身の未来が開けることもひとつだと思います。
 
*参考文献・厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/100526-1.html
 
 
配偶者のDV被害に対する児童扶養手当
配偶者のDV被害に対する児童扶養手当の支給用件が平成24年8月から一部改正されているようです。
児童扶養手当の支給要件の中に平成24年8月から、配偶者からのDVで「裁判所からの保護命令」が出された場合が加わったそうです。
そもそも児童扶養手当を受給するにはどうしたらいいのでしょう?
そんな疑問を持たれている方も多いと思うのでここでもご紹介したいと思います。
 
【児童扶養手当を受給するために】
まずは児童扶養手当を受給するにはあなたが住んでいる市町村への申請が必要です。
手続きの方法などは各市町村へ問い合わせて下さい。
児童扶養手当を利用する際には各市町村へしっかり相談することが大切ですね。
*参考文献・厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/dl/120802-1a.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました