朝バナナダイエットとは?正しいやり方と嬉しい5つの効果【ロカボ中もOK】

朝バナナダイエットとは?正しいやり方と嬉しい5つの効果【ロカボ中もOK】 ダイエット
こいし
こいし

最近忙しくて、朝ちゃんと食べる時間がないんだ~。

おでこちゃん
おでこちゃん

忙しくてもちゃんと朝食を食べないと身体には良くないと言われているよね。

こいし
こいし

そうだよね…。でもなかなか食べる時間を作るのが難しいなぁ。

おでこちゃん
おでこちゃん

朝忙しい人でも手軽に朝ごはんに取り入れやすいのが「バナナ」!しかもバナナにはダイエットに嬉しい効果が期待できるとも言われているんだよ。

こいし
こいし

バナナ!それならすぐに取り入れやすいかも!嬉しい効果!知りたい!

おでこちゃん
おでこちゃん

では、早速「朝バナナダイエット」についてチェックしていこう!

朝バナナダイエットはロカボ中もOK

朝バナナダイエットはロカボ中もOK

1周回って再ブームの兆しの「朝バナナダイエット」。最近人気の糖質制限ダイエット(ロカボ)では1回の食事に20g~40gの糖質を摂取してもOKとされています。

バナナ1本(100g)の糖質は19.4g~26gとされているため、1回の食事での糖質はクリア!手軽に摂取できるだけでなく、ビタミンB6やモリブデンやマグネシウムも多く含んでいる美容にも嬉しい食材のひとつです。

バナナの主な栄養素

バナナの主な栄養素

バナナは手軽に食事に取り入れられるメリットだけでなく、身体に嬉しい栄養素も豊富に含んでいます。バナナの主な栄養素は以下のようになっています。

ビタミンB6筋肉・血液が作られるときに活躍
モリブデン貧血予防に役立つと言われている
マグネシウム骨の健康維持に活躍すると言われている
食物繊維便秘の予防解消に良いと言われている

朝バナナダイエットの基本

朝バナナダイエットの基本

ここからは、簡単に始められる朝バナナダイエットについてチェックしていきましょう。

朝バナナダイエットとは?

そもそも朝バナナダイエットとは、その名の通り朝にバナナを食べるダイエットのことを指します。

朝にバナナを食べて、昼食と夕食は好きなものを食べてOK。さらには、おやつも食べてOK!というダイエット方法。数年前にブームになって、効果を実感したという声も多いのが朝バナナダイエットです。

朝バナナダイエットは、バナナに含まれる酵素によってエネルギー代謝をアップ、不溶性食物繊維が豊富なので便秘にも嬉しい効果が期待できると考えられています。

バナナは、ビタミンB群も豊富に含んでいるので、脂質・糖質の代謝も促してくれると言われています。手軽に食事に取り入れられる「バナナ」は優秀なダイエット食品なのです。

おでこちゃん
おでこちゃん

朝バナナダイエットは簡単だし、ダイエットにも美容にも良さそうでしょ?

こいし
こいし

本当に!簡単だし、ロカボにもピッタリなので私も試して継続してみよう!

おでこちゃん
おでこちゃん

いいね!では、朝バナナダイエットのやり方などを確認していこう!

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットはロカボ中にもおすすめ!そんな朝バナナダイエットは朝にバナナを食べるだけ!と言うわけではなく、正しい方法を知っておくことで効果を実感しやすいダイエットと言われています。ここからは、朝バナナダイエットのやり方をチェックしていきましょう。

朝バナナダイエットは1本が理想

バナナだからと言って何本も朝に食べていいというわけではありません。朝バナナダイエットの基本は1本の朝にバナナを食べるのが理想です。何本も食べてもOKとされている方もいますが、私自身が効果を実感したのは1日1本で糖質をロカボの考えから20~40gに設定して実践したからです。

個人差はあるため、2本程度朝食にバナナを食べても効果を感じた方もいるようですが、ロカボ中であればバナナは1本にするのが良いでしょう。

バナナを食べた後は、常温のお水を飲むことが大切です。ポイントとしては冷水だとお腹を冷やしてしまうので、常温のお水を飲むこと。また、朝バナナダイエットでは、こまめな水分補給も大切です。

適切な時間は、午前4時~正午まで

朝にバナナを食べると言っても人それぞれ朝起きる時間は違いますよね。お仕事の関係上、朝の時間がずれ込んでしまう方も多いでしょう。朝バナナダイエットをするなら、バナナを午前4時からお昼の正午くらいまでに食すのが良いと言われています。

そもそもなぜ朝に食べることが良いとされているか?と疑問に思う方も多いでしょう。朝にしっかりと食事をいただくことで、セロトニンの分泌に働きかけ、リラックス・便秘・安眠などに効果が期待できると考えられています。

活発に活動する前の早朝4時~12時までの朝食にバナナをいただくことで心地よい1日を過ごせるとも言えるでしょう。

昼食は普通に食べよう

昼食は暴飲暴食は避けて、通常通りいただきましょう。私自身はロカボ中にバナナダイエットを実践していたので、昼食も糖質を20~40gに設定して食べていました。

朝バナナダイエットでは、どんな食事もOKとされていますが、和食の方が個人的にはお腹の調子が良かったように感じます。

おやつは果物が好ましい

朝バナナダイエットもおやつを食べてOKです。どんなおやつでもOKですが、ロカボではおやつは糖質が10gまでがベスト。

アイスなど体を冷やしてしまうおやつもなるべく控えるようにするのがおすすめです。

眠る4時間前までには夕食を食べる

寝る直前などに食事を食べるのは良くないとされているため、朝バナナダイエット中も寝る4時間前までに夕食は食べるようにしましょう。

寝る少し前まで食べ続けてしまうと日中のパフォーマンスが悪くなることや疲れが取れないなどの原因になることも考えられます。

朝バナナダイエット中だけでなく、健康的な生活をおくるためには、夜寝る前に食事をするのは避けましょう

朝バナナダイエットの期待できる効果

朝バナナダイエットの期待できる効果

朝バナナダイエットのやり方を押さえたところで、気になるのは朝バナナダイエットで得られると考えられている効果ではないでしょうか?ここからは、朝バナナダイエットで期待できる効果をチェックしていきましょう。

便秘解消

朝バナナを食べるというシンプルなダイエット方法ですが、バナナが含んでいる食物繊維のおかげで便秘解消も期待できると考えられています。バナナ1本(100g)には約1gの食物繊維が含まれていると言われています。

さらに食物繊維だけでなくバナナにはオリゴ糖が含まれているので腸の調子も整えてくれると考えられているのです。

冷え解消

ダイエットの大敵である「冷え」。冷えは塩分の多い食生活を続けたり、身体の水分バランスが崩れたりすると悪化すると考えられています。

塩分を排出するには、カリウムを多く含んだバナナがおすすめ。冷えを改善して体の調子を整えられるでしょう。

むくみ解消

冷えと同様、バナナにはカリウムが多く含まれているためむくみ解消にも一役買ってくれます。妊娠中にバナナを進められた経験がある方も多いのではないでしょうか?むくみやすいと感じるときにもバナナをいただくのがおすすめです。

代謝促進

バナナは熟成しているため、消化酵素の量が多いのが特徴です。そのため、消化するのに時間がかからず代謝が高まりやすいと言われています。

バナナに含まれるビタミンB1は、糖質からエネルギーを作り出す手助けをしてくれるため疲れの解消に一役買ってくれると言われています。

腸内環境の改善

先にも記載しましたが、バナナには食物繊維とオリゴ糖が含まれているため体内になる余分なものを排出して便通を良くしてくれると言われています。そのため、腸の状態が改善され胃腸で吸収されないでんぷん質・レジスタントスターチという2種類の食物繊維が含まれています。

便秘解消には、黄色くなりすぎないバナナを選ぶ方が良いと言われています。

朝バナナダイエットは手軽に始められるのが◎

手軽に挑戦できる朝バナナダイエットは、ロカボにチャレンジしている方にもおすすめです。簡単にいつでも始められるので、朝にしっかりと食事をしたいけど朝食の時間がなかなか取れないと言う方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

池袋西口店OPEN記念!「セルフエステマシン使い放題(9900円相当)が無料!」【RIZAP WOMAN】 リズムハーブSでお腹の調子を整えよう!

こちらの記事もおすすめ


ダイエットランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました