JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

■牛肉と月見卵の丼ぶり

できるだけ簡単に作れる、ボリュームのあるごはんを食べたい!そんなときにおすすめなのが、丼ものレシピ。チャチャッと作れて、パパッと食べられるおいしいレシピは、ランチや忙しいときにもってこい!

今日は、美容と健康に◎な「牛肉」と同じく美容と健康に良いとされる「卵」を使ったアンチエイジングフードを作ってみましょう。

<材料>

<1人前>
・牛肉うすぎり(モモ)……100g
・のり……適量
・ごま油……小さじ1
・白ゴマ……適量
・卵黄……1個分
・ご飯……1.5人前

(A)
・三温糖……大さじ1
・料理酒……大さじ1
・しょうゆ……大さじ1.5
・みりん……大さじ1


<作り方>

1.フライパンを熱し牛肉を炒め、色が変化したらAの合わせ調味料を入れて一煮たちさせ、ごま油を回しいれる。
2.ご飯を丼に盛り、ごまをふりかけ1.を乗せごまとのりをちぎり振りかけて卵黄を真ん中に落としてできあがり。

とても簡単に作ることができるので、忙しいときにもオススメです。牛肉だけでなく豚肉でもおいしくいただくことができます。


<牛肉の栄養素>

 近年では「牛肉」がアンチエイジングフードとして、認識されてきています。牛肉には「ナイアシン」「ビタミンA・ビタミンD」「タンパク質」「脂質」など多く含まれる栄養素豊富な食材です。その中でもアンチエイジングで注目したい栄養素に、「ナイアシン」が挙げられます。牛肉は長寿の欠かせない食材としても、メディアで話題ですね。

 

水溶性ビタミンのナイアシンは酵素を補助する必要不可欠な栄養素といえます。栄養療法でも注目されているナイアシンは、お肌の健康を守り、血行促進も期待することができます。血の巡りがよくなることで体を健康な方向に導き、活力ある毎日を送ることができると言われています。

 

ナイアシンが体内に不足すると、口内炎や皮膚炎、ペラグラなどが起こる心配があるといわれています。ナイアシンも過剰摂取は、頭痛や皮膚のかゆみなどを引き起こす方もいらっしゃいますので一日に必要な量、男性で15mg・女性で13mgを目処に摂取するのが好ましいといわれています。(牛モモ肉100gで約5,6mgといわれています。)

 

<卵の栄養素>

卵はいわずと知れたアンチエイジングフード食材です。美肌・美髪を作ったり、若々しい細胞を作るのに特化しています。また、卵は「脳を活性化させる」「目の老化を防止」させたりと食べ盛りの子どもやデスクワークで疲れたときなどにも、積極的に取り入れたい食材のひとつです。

 

日本人の身近な食材のひとつ卵、アンチエイジングだけでなくスポーツや健康を考えている方も、積極的に取り入れている方が多いのではないでしょうか?卵を積極的に減らすという方も中にはいらっしゃいますが、「高たんぱく」人に必要な「必須アミノ酸」をしっかりと含んでいるのをご存知でしょうか?優れた栄養素を含んでいる卵ですが、中でも注目したい成分に「コリン」が上げられます。コリンってなんだかとってもかわいい響きですよね。でもかわいいだけじゃなく本当に優秀です。

 

脂肪の代謝に関わるといわれているコリンと共に卵に含まれている「イノシトール」。イノシトールはサプリメント業界でも注目され、「抜け毛防止」「ダイエット」などのサプリメントに取り入れられているそう。このコリンとイノシトール、併用すると各々の効果が向上するといわれています。2つが結合すると「レシチン」という物質になり、レシチンは脂肪が溜まってしまうのを防いでくれる効果が期待できると言われています。なのでダイエットにも効果的と人気なのですね。

 

注意点としては、「過剰摂取」をしないということです。摂取しすぎると「体臭」の原因になってしまうことも。1日1個を目処に摂取するようのが良いとも言われていますね。適量をおいしく簡単に頂けるこちらのレシピをぜひ作ってみてくださいね♪

 

 


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:今日のおやつ

 

■ココナッツオイルでフレンチトースト

 

子育てをしていて、季節の変わり目に気になるのは、免疫力の低下。元気に遊びまわる子どもたち、夢中になっているときは薄着で遊びまわっていますが、帰るときにはたくさんかいた汗で体がヒンヤリ……。「乾燥」「ウイルス」から体を守るためにも、免疫力をアップさせることはとても重要です。

 

そこで今回は、おやつにオススメ免疫力アップが期待できる「ココナッツオイル」を使ったフレンチトーストのレシピをご紹介たいと思います。ココナッツオイルを購入したけど、使い道に迷っている方は必見ですよ♪


<材料>

・食パン……2枚

・三温糖……大さじ2(大さじ1は、ふりかける用)

・ココナッツオイル……大さじ2

・牛乳……200ml

・卵……1個


<作り方>

1.食パンを縦に4つに切り、縦に切った食パンを一口サイズに切る。(お子さんが食べるときは小さめに切るとパクパク食べやすくて◎、大人が食べるなら少し大きめのほうが良いですね。)

2.ボールにたまごを入れて溶き、そこに牛乳とお砂糖を入れて混ぜ1をいれ全体に染込ませる。(10分ほど染込ませる。)

3.フライパンに火を付け、ココナッツオイルを入れて2.を均等にフライパンに敷く

4.両面に焼き色が付いたらお砂糖をふりかけできあがり。

<ココナッツオイルの栄養素>

ココナッツオイルは「美容」に良い注目されたオイルです。夏はサラサラと透明ですが、冬には寒さで白く固まります。香りはほんのり甘いココナッツの香りですが、揚げ物やお料理に使っても、ほとんど香りを気にせずいただくことができるのでオススメです。特に揚げ物でつかうとカラッと揚げることができますよ。

 

ココナッツオイルには、いろいろな効果が期待できると言われていますが、特に注目すべき点を上げておきます。

 

・免疫力を高める

・美白効果

・抗炎症作用

・紫抗シワ効果

・糖尿病の予防

・便秘解消

・ダイエット効果

 

シワや美白にも効果があるならなお◎、免疫力も高めながら綺麗になれるのがココナッツオイルの特徴です。

 

今回のレシピでは三温糖を使用していますが、蜂蜜や上白糖でもおいしくいただけます。朝から元気を出したいときにもおススメですよ!ちょこっと小腹がすいたときにも大活躍のレシピです。ココナッツオイルは、アンチエイジングに欠かせないアイテムです。お肌に直接塗って、紫外線予防にもなるココナッツオイルで綺麗なお肌を手に入れたいですね♪

 

最近、主流になっているココナッツオイルですが、安価で品質の悪いものも残念ながら多く出回っています。できるだけ安心できるココナッツオイルを選択するのはとても重要なことなので、購入するときはしっかりと安心できる製品かをチェックしてから購入してくださいね!


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

海老油(shrimp oil)

 

年齢を重ねる毎に肉類よりも魚介が食べたいな…と思うようになってきました。海老・牡蠣・ホタテなど、和洋折衷幅広くレシピを考えられるのも魅力です。特に比較的リーズナブルに手に入る海老は、子どもにも人気の食材。殻つきの海老を購入する方も多いと思いますが、その殻を捨ててしまってはもったいない!今回は、殻付き海老の殻を使った健康にも美容にもおいしいレシピをご紹介します。

 

赤い色が綺麗な海老油!チャーハンやトマトソースのパスタを作るときにオススメです。お蕎麦・ラーメンを食べるときに香り付けとしてめん汁に少量垂らしていただくのもオススメです。

 

今回ご紹介するレシピは海老80尾分の殻を使用した分量でのレシピですが、例えば10尾分のレシピは1/8の分量で見ていただければ、少量からも作ることができるので、ぜひ参考にしてください。


<材料>

・エビの殻……80尾

・オイル………500ml
<作り方>

1.まず、エビの殻の汚れを落とす

2.大き目のフライパンや鍋にオイルを入れエビの殻を入れる

3.火をつけ中火にかける


4.クツクツとなってきたら殻を優しく潰しながら混ぜる

5.少し色が付いてきたら弱火にし、もう少し細かく潰していく

6.ここまで色が出たら火を止めてできあがり


<海老の殻の栄養素>

 

海老の殻には、

 

  1. カルシウム

  2. キチン

  3. アスタキサンチン

がたくさん含まれていると言われています。特に注目したいのが「アスタキサンチン」という成分です熱を加えるとエビは綺麗な赤色になりますよね。それは、エビのたんぱく質が剥がれて起こる現象で赤色の組織が「アスタキサンチン」です。肌への美容に効果があると、サプリや化粧品でなじみ深い成分として認識している方も多いのではないでしょうか?

 

アスタキサンチンは何といっても「抗酸化作用」が高いことが有名です。人の体は二重の細胞膜で守られています。アスタキサンチンは、細胞膜を貫通する形で存在することが可能なので、体の細胞全体を守ることに長けていると言われていますよ。

 

活性酸素を抑制してくれるアスタキサンチンは老化の原因を取り除いてくれるアンチエイジングの強い味方。最近、肌トラブルに悩んでいる、という方にもおすすめなオイルです。簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

おすすめ

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM