■ふんわりやわらかい

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

豆腐inハンバーグ

スタンダードなハンバーグも良いけど、少し柔らかめのハンバーグが好き!という方におすすめなのが、豆腐をinするハンバーグです。豆腐を入れても主張しすぎることはないので、豆腐があまり得意でない方にもピッタリ。豚100%でも柔らかいハンバーグは作れますが、牛のうまみもしっかりと感じながら柔らかいハンバーグを楽しみたい方はぜひ作ってみてくださいね!

 

<材料>(5人分)

A

・合いびき肉……600〜700g

・コンソメ顆粒……小さじ2

・塩コショウ……適量

・牛乳……大2

・パン粉……大2

・卵……1個

 

・タマネギ……1個

・氷……1〜2個

・絹豆腐……1丁

・水……100ml

 

B

・ソース……大3

・ケチャップ……大3

・砂糖……大1

・すりおろしにんにく……小1

・バター……10g

 

・チーズ……お好みで(今回はチェダーのスライスチーズ使用)

 

・キッチンペーパー……2枚程度

 

 <作り方>

1.タマネギをみじん切りにしてフライパンに油をひき炒める。タマネギが油に馴染んだら氷を1〜2個入れる。←(こうするとタマネギが早くあめ色になるかな…。冷凍したみじん切りの玉ねぎを炒めるのもおすすめ。)あめ色になったら火からおろす。

 

2.豆腐にキッチンペーパーを巻き500Wで1分程度加熱して水切り。大き目のボールに、Aの材料・炒めたタマネギ・水切りした豆腐を全部入れて、よーく捏ねる。

 

3.形を整えて、両面を焼き水をいれて蓋をして弱火〜中火で10分ほど蒸し焼きにする。蓋を開け余分な水分を飛ばし竹串などで中に火が通っているか確認し透明の肉汁が出てきたらOK。

 

4.ハンバーグを焼いたフライパンをキッチンペーパーでふき取り、そこにBをいれて軽くひと煮立ちしたらハンバーグにかけてできあがり。

 

お好みでチーズをかけてもおいしいですよね。

 

<豆腐の栄養素>

豆腐には、サポニン・イソフラボン・カルシウムなど体に嬉しいたくさんの栄養素が含まれています。豆腐は加熱してもあまり栄養素が逃げないと言われているので、混ぜて加熱してもOKといわれています。

 

合い挽きに含まれる豚肉と玉ねぎは相性抜群。豚肉に含まれるビタミンB1を効率よく摂取できるだけでなく、旨みもアップするのでいろいろな料理で組み合わせられていますよね。

 

 

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

■ネギ塩豚丼

 

食欲がわかないときって、ありますよね。「疲労」「だるさ」などで食欲不振になっているときにおすすめなのが、豚×ネギの組み合わせです。

 

食欲増進の効果が期待できるどんぶりを食べて体を元気に導きましょう!



<材料>

<4人分>

・豚肉……400g
・長ネギ……1本
・ニンニク……1/2かけ
・ゴマ……適量
・ゴマ油……小さじ2
・塩……ひとつまみ
・胡椒……少々
・中華だし……小さじ3
・ご飯……適量
・バター……10g
・醤油……小さじ2


<作り方>

1.豚肉にごま油、すり下ろしたニンニク・塩・胡椒・中華だしを入れてもむ。

2.長ネギを斜め切りに切っておく。

3.「1.」をフライパンに入れて焼く。両面少し焼いたらネギを入れ、しっかり焼いたら一度お皿にあげる。

4.同じフライパンにバターを入れてご飯を炒める。全体にバターが行き渡ったら、醤油をいれる。少し炒めてお皿に盛る。ご飯の上に「3.」を乗せ、ゴマをふりかけてできあがり

 

 

かなり簡単に作れる「丼」レシピ、食欲が無いときや体力をつけたいときにおすすめです。


<ねぎの栄養素>

ねぎは、肉の臭みも消す効果があると人気です。豚肉とも相性の良く、豚肉のビタミンB1と結合することでアルチアミンとなりビタミンB1の吸収率がアップするといわれています。ビタミンB1は、疲れを回復させる効果が期待でき、糖質をエネルギーとなり活躍するときの手助けをするといわれています。今回のねぎ塩豚丼には、もちろんごはんを一緒に摂取するので、糖質をエネルギーに変えてくれるスタミナたっぷりの丼ぶりなのです。ねぎには抗菌作用もあるので、お弁当のおかずにもおすすめですよ。

 

<豚肉の栄養素>

ビタミン・ミネラル・たんぱく質・脂質と、人間にとって必要な栄養素をたっぷりと含んでいる豚肉。最近ではセロトニンを増やす効果も期待できると話題で、うつ病の予防にも良いと言われています。健康的に毎日を過ごしたい方に豚肉はとてもおすすめな食材です。



※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

■めんつゆで作る豚の生姜焼き

<材料>

<4人分>

・豚肉(こま切れ)……600g

・たまねぎ……1個

・生姜 (チューブでも可)……大さじ2

・めんつゆ……大さじ5

・お酒……大さじ3


<作り方>

1.豚肉は軽くほぐし、玉ねぎはスライスに切り、生姜はすりおろしておく。

2.フライパンに材料をすべて入れ、めんつゆが絡むように混ぜる。

3.よく混ざったら火をつけて、中火にして蓋をして蒸し煮にする。

4.3分ほどたったら蓋をはずし、混ぜながら水分が少しなくなるように火を入れてできあがり。

 

本当に簡単に作ることができるのでお料理が苦手でも一人暮らしでチャチャッと作りたいときにもオススメ。本格的に作るのもいいですが、時間が無いときにはパパッと作ることができるお料理でストレスなく家事をこなして行きたいですね!


<豚肉の栄養素>

豚肉には、ビタミンB1という身体を元気にしてくれる栄養素がふんだんに含まれています。現代人にとって必要不可欠な食材である豚肉は、甘みもあり子どもにも人気のありますよね。さらに脳の働きを活発にさせるコリンという成分も含まれているため、勉強盛りの子どもにもおすすめです。


<しょうがの栄養素>

しょうがには、ショウガオールという身体をぽかぽかにする成分が含まれています。女性に嬉しい冷え性改善・膀胱炎の改善にも役立つといわれています。さらに、香り成分であるジンギンベレンには、咳止め効果や吐き気防止効果があるとも言われていますよ。豚肉の臭いが気になるという方も、しょうがは臭み消しの効果やたんぱく質分解作用に期待できるため、おすすめ。豚のしょうが焼きなら豚が苦手な方でもおいしくいただけますよ。

 

 

めんつゆを使用するので、味の失敗もなく簡単に作れます。お料理が苦手な方だけでなく、子どもと一緒に料理を楽しむときにもぜひチャレンジしていただきたいレシピのひとつです。新陳代謝をアップさせて元気な一日を過ごしましょう。

※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

おすすめ

おすすめ

おすすめ

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM