JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

 

■しらすと小松菜のガーリックの和風パスタ

料理のレパートリーに積極的に魚を取り入れたいと思っていても、骨・食べづらい・調理が難しいとなかなか食卓にお目見えしない家庭も多いのではないでしょうか?そんなご家庭におすすめなのが、子どもでも食べやすい「しらす」を使った料理です。

 

今回は、簡単に作れるランチにおすすめな、しらす・小松菜・ガーリックを使ったパスタのレシピをご紹介します♪

 

チャチャッと作れる家庭料理なので、ぜひ作ってみてくださいね。

 


<材料>
〈2人分〉
・パスタ……200g程度

・しらす……40g〜50g(お好みで)

・小松菜……2束程度

・ニンニク……1かけ

・ほんだし……小さじ1弱

・めんつゆ……小さじ2

・ごま油……小さじ1

・オリーブオイル……小1


<作り方>
1.パスタを茹でる。その間にニンニクと小松菜をカット。

2.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくの香りが出るまで炒め小松菜を入れて少ししんなりするまで炒め火を止める。

3.パスタが茹であがったら軽く水を切り、ニンニクと小松菜の入ったフライパンに投入。そこに、ほんだし・めんつゆも投入し、しらすを半分の量入れ火をつけ良く混ざるまで、よく炒める。

4.最後に香り付けで、ごま油を回しかけ器に盛りつける。半分残しておいたしらすをパスタの上にのせて出来上がり。


ニンニクの香りとしらすがマッチ。小松菜は代用してもOKなので、子どもが好きな野菜と組み合わせるのがおすすめです。ちなみにニンニクは、アスパラギン酸を含むアスパラと組み合わせると疲労回復に効果があり、ビタミンA・E・Cを含む菜の花と組み合わせると美肌効果が期待できると言われていますよ♪


<しらすの栄養素>

しらすには、骨や歯の成長に欠かせない、カルシウム・ビタミンD・ビタミンB12などをたくさん含んでいます。カルシウムは子どもの成長に欠かせない栄養素なことはご存知だと思いますが、同時にビタミンDを摂取することで吸収を助ける効果が期待できると言われていますよ。その他にも、血液が固まるのを防ぐ効果が期待できるセレンも含んでいる優れものです。

 

<ニンニクの栄養素>
ニンニクは、臭いの元と言われているアリシンがビタミンB1の吸収を促進するため疲労回復・体力増強に期待できます。アリシンは、油で加熱するとアホエンという成分に変化し、血栓の予防に◎と言われていますよ。アンチエイジングにも期待できる素材なので、子育てや仕事に忙しい方が積極的に取り入れるのがおすすめです。

 

<小松菜の栄養素>

小松菜は、ビタミンAを多く含んでいることで有名です。また、カルシウムの含有量は実は牛乳よりも多いんだとか。カルシウムを含むしらすと一緒に摂取することで、より効果的に栄養を吸収することができますね。ビタミンAは、脂溶性ビタミンなので熱に比較的強いため炒めたりする調理でもおすすめです。


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

■ディアボラ風!?チキンステーキのたまねぎソースがけ

家計の見方鶏肉と、いつでもお家のスタメンとしてスタンバイしてくれているたまねぎで、とても簡単に作れるレシピをご紹介します。

 

チャチャッと作れる家庭料理なので、ぜひ作ってみてくださいね。

<材料>
〈2人分〉
・鶏胸肉……300g(お好みで)
・岩塩……適量
・ブラックペッパー……適量
・オリーブオイル……大1 
・白ワイン……50ml(料理酒でもOK)

○ソース○
・タマネギ……1個
・ニンニク……1片
・パセリ(乾燥)……大1
・オリーブオイル……大2 
・塩……ひとつまみ
・粉末コンソメ……小1

・ジャガイモ     1〜2個
・片栗粉         大1
・塩胡椒         適量
・ガーリックパウダー   適量


<作り方>
1.タマネギ・ニンニクをみじん切りにしてオリーブオイルで香りが出るまで炒めコンソメを入れ混ぜる。混ざったらボールに移してパセリとお塩を混ぜる。

2・鶏肉を2等分にする。もしくは食べやすい大きさに。フォークで皮を数カ所刺しておく。岩塩とブラックペッパーを鶏肉に刷り込む。フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉の皮の方から強火で焼き目が付くまで焼く、焼き目が付いたら裏返して、少し焼き色が付いたら白ワインを入れて蒸し焼きに。弱火で10分くらい。

3.ジャガイモは串切りにして、片栗粉を付けて180℃の油で揚げる。あげたら塩胡椒とガーリックパウダーを振りかける。

4焼けたお肉の上にソースをかけてお皿にジャガイモをのせてできあがりです。

とっても簡単で おいしいですよ!


<たまねぎの栄養素>

たまねぎは、硫化アリルが含まれているため、血液がサラサラになる効果が期待できます。ビタミンB1の吸収を高める効果も期待できるため、豚肉との相性もよいといわれていますよ。たまねぎに含まれる硫化アリルは細かく分けると、硫化プロピルという成分で、水に溶けやすい性質を持っています。

 

たまねぎは水にさらすという方も多いと思いますが、水にさらすと栄養素が逃げ出してもったいないのです。たまねぎは、加熱すると硫化プロピルはトリスルフィド(ちなみに長時間加熱するとセパエンになる…ややこしいですね笑)甘みが増しさらに血液サラサラ効果も維持したままなので、おすすめ。辛いたまねぎが苦手なら、水にさらすのではなく加熱して食べるのがいいですね。

※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

■たらこスパゲッティ!シソとたらこの和風パスタ

簡単につくれるたらこパスタ。少しだけたらこが残ってしまうことってありませんか?ごはんでチャチャッと食べちゃうのもいいですが、ランチにも簡単に作れるパスタにしてみませんか?

 

10分程度で作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。

<材料>
<1人前>
・パスタ……150g
・たらこ……1腹(これは好みで!大体でお願いします☆)
・しそ……1枚
・バター……10g
・醤油……小さじ2(めんつゆでもOK)

・ガーリックパウダー……少々(摩り下ろしなどでもOK。)
・鶏ガラのスープの素……小さじ1/2


<作り方>
1.パスタを茹でる。その間に、しそを細かく切っておく
2.茹で上がったら、フライパンにバターを入れて茹で上がったパスタを軽く水を切り絡める。そこに鶏ガラスープの素・ガーリックパウダー・たらこを半分入れて火をつけ絡める。よく絡まったら、醤油をいれ絡める
3.お皿に盛り付け、しそをふりかけ残しておいたたらこを乗せてできあがり

<たらこの栄養素>

たらこビタミンE・タウリン・パントテン酸・タンパク質など多くの栄養素を含んでいます。特にビタミンEは、血行を良くして冷え性・頭痛などにも効果的といわれています。女性ホルモンにも関係するので、女性には積極的に摂取してほしい素材です。

 

<しその栄養素>

しそには、βカロテンが多く含まれているといわれていて、そのβカロテンは体内に必要な分だけビタミンAとして採り入れられます。このビタミンAは、ビタミンEととても相性がよく美肌への効果も期待できるといわれています。今回のレシピのたらことしその相性は抜群。おいしく簡単に作れるレシピなのでおすすめですよ。

 



※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

 

■海老とアスパラのクリームパスタ

 

海老とアスパラの組み合わせは抜群!おいしいだけでなく疲労回復に効果的と言われている組み合わせといわれています。生クリームが余ってしまったときなど、チャチャッと作れるおいしいレシピをぜひチェックしてくださいね。



<材料>

<1人分>

・パスタ(お好みの物を)……150g
・むきエビ……おこのみで
・アスパラ……2本
・タマネギ……1/4個
・なす……1/2個
・ニンニク……1かけ
・ベーコン……1〜2枚
※1海老油(オリーブオイルでも可)……大さじ1
・塩こしょう……適量
・バター……15g
・小麦粉……大さじ1
・コンソメ……小さじ1と1/2
・牛乳……1/2カップ
・生クリーム……1/2カップ


<作り方>

1.野菜を食べやすい大きさに切り、ニンニクはみじん切りにする。お鍋にたっぷりのお湯をはって、パスタをゆでる。

2.フライパンに海老油をいれ、火を点火。みじん切りにしたニンニクを入れる。少し香りが出てきたらベーコンを炒める。少しこんがりしたら、タマネギ以外の野菜を炒める。そこに塩こしょうをふりかけて、さっと強火で炒めたら一度お皿にあげる。

3.同じフライパンにバターを入れて、タマネギを炒める。しんなりしたら小麦粉を入れて炒める。タマネギにつくので、次の工程でダマにならないですよ。少し炒めたら、エビを入れる。ピンク色になったら、一度お皿にあげておいた野菜を一緒に炒める。

4.そこに牛乳を入れてコンソメと塩こしょうをいれる。少しフツフツなってきたら生クリームを入れて再度フツフツなってきたらできあがったパスタを軽く水を切って入れていください。お好みで黒こしょうを入れてできあがり。味は調節してください。

 

※1海老油の作り方はコチラ!!!

 

プリプリのえびはほかの魚介類などに代用してもおいしいですよ!


<海老とアスパラの栄養素>

海老はアンチエイジング食材としてとても、人気が高いですよね。多くの女性を虜にしている海老には、低脂肪で高たんぱくというダイエットに適した性質を持っています。カルシウムやDHAも含んでいるので、イライラがたまっているときにもおすすめ。肝機能を高めてくれる、タウリンも注目です。

 

アスパラには、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸を豊富に含んでいるので、疲労回復にも適しているレシピです。また、海老とアスパラの組み合わせは、貧血にも効果があると言われています。パパッと作れるおいしいレシピをぜひ作ってみてくださいね。


※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

カルボナーラは、意外と簡単に作ることができるので、ランチに作るのもおすすめです。カロリーが高いのでダイエットに不向きと思われがちですが、実は高たんぱく質で筋肉や皮膚に欠かせない栄養素がつまっています。

 

おいしくきれいな肌を保てるビタミンAを豊富に含んでいるカルボナーラーの作り方をみていきましょう。

 

■簡単!カルボナーラ

<材料>

<1人分>

・パスタ……150g

・ベーコン……3枚(薄切りの場合)これは適量で
・たまねぎ……1/4個
・ニンニク……1/2かけ
・卵黄……1個
・生クリーム……1/2カップ
・塩こしょう……少々
・ブラックペッパー……少々

・パルメザンチーズ……大2
・オリーブオイル……大さじ1


<作り方>

1.パスタをゆでる。

2.タマネギ、ベーコンは薄切り、ニンニクはみじん切りに。

3.ボールに生クリームと卵黄・塩こしょう・パルメザンチーズを入れてなじむまでかき混ぜる。

4.フライパンにオリーブオイルを入れてニンニクを香りがでるまで炒めたら、タマネギを炒める。タマネギがしんなりしたらフライパンの端に寄せて同じフライパンにベーコンを入れて炒める。

5.しっかり炒めたら、4.のフライパンにパスタを投入。よく絡めてください。

6.火を止めて、3.をフライパンの中に入れてしっかり絡めます。最後にお皿にあげて、ブラックペッパーをかけてできあがりです。


<生クリーム・卵の栄養素>

生クリームと聞くと、ダイエットの敵!と思われがちですが、ビタミンAやビタミンKを比較的多く含んでいるお肌に嬉しい素材です。ビタミンAは、肌荒れ予防に効果的と言われ、肌をスベスベにしてくれる美のビタミンとも呼ばれています。瞳にも良いといわれているので女性は定期的に摂取するのがおすすめ。生き生きとした肌を手に入れたいアンチエイジングに敏感な方には必須な栄養素です。

 

カルボナーラでは卵を使用しますが、卵にはビタミンEも含まれています。ビタミンAの摂取効率を上げるなら、ビタミンEやビタミンCを一緒に摂取するのがおすすめなので、卵と生クリームの相性は抜群。最近は、ビタミンEを多く含んでいる卵も販売されているので、カルボナーラを作るなら、そちらを使用するのもいいですね。また、卵には体作りには欠かせない、たんぱく質が多く含まれています。どちらも体を作るのに欠かせない栄養素なので、積極的に取り入れたいですね!

 

カロリーは少し高いですが、たんぱく質が豊富で体作りには欠かせない栄養素を含んでいるので、体をよく動かすときや、肌が荒れてしまっているときなどにもおすすめです。



※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。