google-site-verification=5w8nI88q-PF2RiIfxlUHPtt_4rssbEteeFq8X5cSWXM 母子家庭(シングルマザー)の生活|母子家庭の生活費と食費・節電などの節約術をご紹介 | 3人子育て。子どものごはんや成長日記〜アンチエイジングレシピと身近なことの雑記ブログ

JUGEMテーマ:シングルマザー

母子家庭の生活費

母子家庭の生活は、一般的な家庭よりも大変だと感じることもたくさんあります。特に、母子家庭での生活のやりくりって本当に大変ですよね。

そんな中で気になるのが、「他の方の生活費はどれくらいかかるのか」ということもひとつ上げられると思います。

 

調べてみたところ、母子家庭の平均の年収が140万円くらいのようです。

 

一般家庭の平均年収は約550万円といわれいる昨今、母子家庭の生活ではさまざまな節約を駆使して生活している方が多い印象です。中には、金銭面から子どもの進学をあきらめざる負えない方も多いようです。

 

節約を心がけていても自分を追い詰めるまでの負担がかかるような節約はしないようにしましょう。少しでも負担が減らせるように受けられる支援をしっかりと調べ・無駄遣いをなるべく減らすことが大切です。

 

「母子家庭だから…」と我慢させることはなるべく避けています。

子供に対しても、少しの贅沢ならさせているという家庭が多いように感じます。毎月というのは難しくても月々少し積み立てて子どもの好きなものを定期的に購入してあげている母子家庭の方はとても多いです。

 

そして自分の好きな買い物も月に1度は買うという家庭が多いです。高いものではなく、例えば「お気に入りの靴下」「少しお高いスイーツ」など、買い物をするだけでストレス発散できるものですよね。

 

電気代や水道代は出来るだけ節制して、消耗品などは100均などで買ったり、広告をチェックしたりと日々努力して締めるところはしっかりと締めて自分たちが苦しくならないやりくりをするのが大切なようです。

 

母子家庭の食費の節約

母子家庭を問わず食費の節約をがんばっている親御さんはたくさんいるでしょう。だた、安くでもしっかり安全な物を子どもに食べさせたいと思っている親御さんも多いでしょう。

 

多くの母子家庭では、スーパーだけでなく宅配サービス(生協・パルシステムなど)を利用しているご家庭が多いようです。基本的にはスーパーで重いものは宅配サービスに頼るという方も多いですね。購入場所をカテゴリ分けしておくことで、大まかな予算を事前に組みやすくあらかじめ幾らくらい月に使うか等を決めながら利用しやすいのも魅力です。

 

簡単に取り入れられる食費の節約方法3選

何となく食費の大まかな計算はしてもスーパーなどでは価格の変動があるため、食費もマイナスがマイナスになってしまうこともしばしばあると思います。できれば家庭で取り入れられる食費の節約方法を知りたいですよね。多くの母子家庭の生活を送っている方が実践している食費の節約方法をチェックしていきましょう。

 

1.薬味は自分で育てる

 

まずひとつめは「薬味」は自分で育てるということ。万能ねぎ・大葉・バジルなどハーブは比較的簡単に育てることができるためおすすめ。育てる薬味は、スーパーで購入すると意外と金額がかかるものをセレクトすると良いでしょう。

 

2.野菜・季節野菜もできるだけ自分で育てる

 

簡単に育てられる葉野菜や季節の野菜はなるべく自分で育てることをおすすめします。お庭がなくてもベランダや玄関で育てられるようなお野菜をセレクトしましょう。時間をかけて種から育てるのもおすすめですが、手をかけられない方は苗を購入して育てるのも良いでしょう。100均で購入できる土や肥料でもしっかりとおいしいお野菜が育つので、家庭菜園でも100均を上手に活用してくださいね。

 

3.野菜は干す・冷凍するが鉄板!

 

育てたり安く購入したお野菜は基本干したり冷凍するのがおすすめです。干したり冷凍するのは保存できるだけでなく栄養価が上がったり、時短調理が叶ったりなどいいこと尽くし!トマトもドライトマトにすると甘みが増しておいしいですよ〜。きのこは干せば栄養価が上がり、冷凍すると繊維が壊れ味が染みやすくなったり炒めるときにもササっと調理ができるのでぜひチェレンジしてみてください。

 

電気代の節約方法を知ろう

母子家庭の節約の中でも節電を徹底してみようかな?思っている方も多いでしょう。簡単に取り入れられる電気代の節約方法をチェックしていきまししょう。

 

簡単な4つの節電方法

 

1.使わないコンセントは抜く
→待機電力を節電できます。以外と差しっぱなしのものが多いんですよ!

2.契約アンペアを値を下げる
→基本のアンペアを下げると、電気料金の基本料金を下げることが出来るんです!

3.電力ピークの時間帯を避けて電力を使う

4.ひとつの部屋に家族で集まる!
→家族が同じ部屋にいるだけで、他の部屋の電気などを使わなくて済むのでいい!コミュニケーションも今よりグンッと取れちゃいますよね!


簡単な事で少し電気代を浮かすのも手ですよね!

 

母子家庭の節約方法

一般家庭でも最近は節約を徹底している方も多いですが、母子家庭では節約せざる負えない状況が多いと思います。節約しなきゃ…という気持ちが大きくなるとそれが負担になって気持ち的にギュウギュウになりすぎて苦しくなってしまう方も多いと思います。でもそれでは悪循環…。まずは、自分に合った節約方法を見つけるのが大切です。

 

基本的には無駄な電気代・水道代・ガス代を省くことを心がけているご家庭が多いように感じます。また、子どもと共に生活の節約を行うことでとっても楽しく節約生活を送ることが出来るというこえもチラホラ。

 

簡単に取り入れられる10の節約術

 

簡単に取り入れられる節約術としては以下のようなものがあります。

1.洗濯機の水は残り湯を使用する

2.お風呂のお湯の量は少なく設定する

3.トイレの暖房便座はオフにする
4.エアコンの設定温度は高めにしてサーキュレーターを併用する
5.断熱シート・冷感アイテムを活用する
6.お茶は購入せず沸かす
7.お米は一度に多めに炊く
8.コンビニのATMよりも銀行のATMを使う
9.購入するのものなどメモしておく習慣をつける
10.固定費を見直す

 

節約するうえで一番大切なのは固定費を見直すこと。携帯代やインターネット代や保険料などを見直すことは大きな金額は節約するチャンスです。何となくそのまま使っている…というご家庭がありましたら、一度見直しをすることをおすすめします。

 

 

母子家庭の生活は一般の家庭よりも色々と悩みが合ったり負担が多かったりしますよね。

不安もたくさんあるかもしれません。

そして、母子家庭での生活の中でとっても大切なのが節約!私自身の周りにも多い母子家庭の生活実態に迫りたいと思います。
生活費の使い方や食費の節約・節電・節約生活の情報をご紹介出来たらと思います。

母子家庭での生活は大変なことが多いですが、出来るだけ『無駄』を省いて素敵で明るい家庭を築きたいですよね!

母子家庭での悩みの一つの「生活」を見つめたい方への情報や周りの方の体験などをご紹介しています。

明るい母子家庭生活で少しの不安も負担も減らせるような情報を発信出来たら幸いです。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

おすすめ

おすすめ

おすすめ

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • フルーツビネガーの作り方!市販のベリーミックスと氷砂糖で簡単♡炭酸水・牛乳で!
    a

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM