【簡単レシピ】いくらの醤油漬けを自家製で!リーズナブルで家計にも嬉しい【おいしい】 | アンチエイジング・スキンケア・こどものお悩み解決!雑記ブログ

■自家製のいくらの醤油漬けを手作り!簡単でおいしい

JUGEMテーマ:簡単!手抜き!お気楽レシピ

 

子どもに嬉しいDHAやEPAも摂取できる!

お寿司を食べに行ったら子どもが必ず食べるのが、いくらちゃん。回転ずしで食べるなら気兼ねなく食べられますが、おうちでもドカッといっぱいごはんにのせて食べたいですよね。生のすじこを購入すれば、味付けのいくらを購入するよりもたっぷり食べられるのでおすすめ。「難しいのかな?」と思ったのですが、作ってみたら意外と簡単にできたので、ぜひ作ってみてくださいね♪

 

 

<材料>(・)

 

・いくら……300~400g

・塩……大さじ1

 

(A)

・醤油……大さじ4

・酒……大さじ2

・みりん……大さじ1

・水……大さじ2

 

 

 

 

 <作り方>

1.まずは、いくらをつけるための合わせ醤油を作ります。鍋にAの材料をすべて入れて一度沸かして冷ましておきます。

 

 

2.40度ほどの2Lくらいのぬるま湯に塩を入れます。(40度の温度にするには、お湯に同量の常温を入れると大体40度くらいの温かさになります。)その塩の入ったぬるま湯を適当な大きさのボールに移し、すじこをいれ、親指のハラの部分で卵を押し出すようにほぐしていきます。この時ぬるま湯は何度も使うので、2L以上作っておいてもOKです。ぬるま湯を追加する場合は、塩は2Lに対して大さじ1の割合で入れましょう。

 

 

3.ほぐしていくとすじこの汚れなども浮いてくるのできれいに取り除きます。この時、少しいくらが白くなりますが、醤油漬けにするので気にしなくて大丈夫です。

 

4.汚れを取ったら、一度ざるにあげ、汚れが落ちるまでボールにぬるま湯を入れ替えて4~5回くらいきれいにする工程を繰り返します。

 

5.汚れがなくなったらざるにあげて、水けを良く切ります。水けを切ったいくらを保存容器に入れて上からAの醤油漬けの液を入れて2〜3時間付け込んだら出来上がりです。

 

保存容器に入れて冷蔵保存で約1週間くらい持ちますよ♪

 

 

 

<いくらの栄養素>

いくらには、アンチエイジングにも子どもの成長にも嬉しい栄養素があの小さなカプセルに詰まっています。まず、赤々とした色は抗酸化作用の強いアスタキサンチンが含まれている証拠。いくらはカロリーが高いイメージですが、意外とカロリーも少なく、100gあたりで約270kcalといわれています。子どもに必要な栄養素である必須脂肪酸のDHA・EPAも含まれているので、きれいになる食材としてだけでなく、子どもにも嬉しい食材としておすすめです。

 

 

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:簡単!手抜き!お気楽レシピ

JUGEMテーマ:ラクラク アンチエイジング

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

おすすめ

応援よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • すっぽん小町は妊婦・授乳中でも大丈夫?3つの特徴と価格をチェック
    カジノ エックス
  • フルーツビネガーの作り方!市販のベリーミックスと氷砂糖で簡単♡炭酸水・牛乳で!
    a

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM