食事の栄養は、5色で考えると良いと言われています。

 

5色とは、【】。それぞれ代表的な食材は以下のような食材があります。

 

【赤】

鶏肉・豚肉・牛肉・鮭・マグロ・エビ・タコ・トマト・人参・赤味噌など

 

【黄】

たまご・かぼちゃ・トウモロコシ・ショウガ・油揚げ・味噌など

 

【黒】

しいたけ・しめじ・まいたけ・きくらげ・ひじき・わかめ・こんにゃく・昆布・黒ゴマなど

 

【緑】

ブロッコリー・ピーマン・ほうれん草・キャベツ・小松菜・など

 

【白】

豆腐・米・はんぺん・白身魚・大根・ネギなど

 

5つの色の食材を組み合わせた食事を「五味五色」といいます。彩とさまざまな食事の栄養素を摂取でき、マンネリしがちな食卓がパッと華やかになるのです。

 

彩り豊かな食事は脳も刺激するため、食育にも良いとされています。365日毎日食事をするので、作る方も献立を考えるのは大変。しかしこの五味五色を意識して献立を考えることで、しっかりと栄養バランスの良い食事を作りやすくなります。「栄養バランスを整えなきゃ!」とやみくもに献立を考えると偏ったメニューになってしまうことが多いため、バランスの良い食事を作るためには、五味五色を心がける献立を考えるのがいいですね。

 

 

 

 

 

1

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

おすすめ

おすすめ

おすすめ

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM