アンチエイジングフード | アンチエイジング・スキンケア・こどものお悩み解決!雑記ブログ

 

ネットやメディアなどでも「アンチエイジング」という言葉は良く聞きますよね。

 

何となくはわかるけど、「アンチエイジングっていったい何なの?」という方も多いでしょう。

 

今回は、

 

・アンチエイジングとはどんなものか

・アンチエイジングと食べ物の関係

・アンチエイジングに良い食べ物

 

をご紹介します。

 

 

アンチエイジングとは?

 

アンチエイジングとは、抗加齢(こうかれい)を意味します。年齢を重ねると、

 

・肌トラブル

・毛髪の減少

・筋力の低下

・慢性的な疲れ

・ホルモンバランスの乱れ

・男性機能の低下

・やる気が沸かない

 

などさまざまな身体的な悩みが現れてくるもの。

 

上記のような悩みは加齢に伴った「体の老化」が要因であると考えられています。

 

 

 

老化の主な4つの要因

 

年齢を重ねておきる、老化。アンチエイジングをするために具体的に老化の要因を知ることも大切になります。

 

1.活性酸素(O2)による酸化

2.紫外線(UV)などによる肌へのダメージ
3.ホルモン分泌の乱れ
4.タンパク質の糖化(AGEs)

 

 

 

1.活性酸素による酸化

 

生命活動するうえでとても重要な酸素。呼吸により体内に取り込まれた酸素の一部は、活性酸素になり代謝の過程において、さまざまな成分と反応、活性酸素が過剰になると細胞に傷害をもたらすと考えられています。

 

活性酸素は、殺菌力が強いため体内で細菌・ウイルスを撃退することに期待できる為、一概に悪者扱いするのは間違っていますが、活性酸素が増えすぎてしまうと正常な細胞・遺伝子なども酸化(攻撃)させてしまうので注意が必要です。

 

 

活性酸素をおさえる生活習慣

 

活性酸素は除去するのではなく、過剰に増やさないためにも活性酸素を減らす生活習慣を見直すことは大切。

 

以下に該当する行為を頻繁に行っている方は、一度生活習慣を見直してみるのが良いでしょう。

 

1.タバコを控える

2.軽い運動をする

3.過剰なアルコール摂取を控える

4.ストレスをため込まない

5.紫外線予防を徹底する

 

上記のことをすることで、活性酸素をおさえることが可能になると考えられています。

 

 

2.紫外線(UV)などによる肌へのダメージ

 

紫外線には、UV-AとUV-Bがあります。

 

・UV-A

UV-Aは、シミの元を作ると考えられていて、真皮まで到達

 

そのためUV-Aは肌の弾力・ハリを失わせ、光老化を招くと言われています。

 

・UV-B

UV-Bは、別名レジャー紫外線とも呼ばれていて肌を赤くさせてしまいます

 

肌の表面に対する影響力は多大。サンバーン(火傷のように赤くなる)やサンタン(メラニン色素が沈着)してしまうと考えられています。

 

 

特にUV-Aは、光老化を引き起こすと考えられているため「たるみ」「しわ」「しみ」の原因になるとされています。

 

補足!

UV-AはPAの+の部分を、UV-Bは、SPFの数値をチェックしましょう。

 

◆目安◆

日常生活

PA+

SPF10〜20

軽いスポーツ

レジャー

(屋外)

PA++

SPF20〜30

マリンスポーツ

レジャー

(炎天下)

PA++以上

SPF30以上

 

日焼け止めは、できるだけこまめに塗りなおしをすることが大切。汗・洋服の摩擦などでも安易に落ちてしまうので、気が付いた時には塗りなおして日焼け止めの効果を持続させましょう。

 

 

3.ホルモン分泌の乱れ

 

女性ホルモンは、20代後半をピークに減少すると考えられています。そんな女性ホルモンは40代では半分になっていると言われているのです。

 

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」

 

エストロゲンは妊娠や出産に大きく影響していることをご存知の方は多いと思いますが、肌のハリ・髪のハリ・肌のツヤ・シミ・シワなどのエイジングサインにもエストロゲンが大きな影響をもたらしているのです。

 

瑞々しい肌や女性らしいラインを保つために必要な女性ホルモンは、卵巣から分泌されます。

 

残念ながら、年齢を重ねるごととに卵機能は低下するため、ホルモンバランスが乱れて、

 

・骨密度の低下

・コレステロールの増加

・血圧の上昇

 

などの症状も現れてしまうと言われています。

 

 

4.タンパク質の糖化

アンチエイジングと密な関係にある糖化。

 

そもそも糖化とは、タンパク質と余分な糖が体の中で結びつきタンパク質が変性・劣化して糖化最終生成物(AGEs)と言う老化物質を生成することを言います。

 

糖化最終生成物(AGEs)が蓄積すると肌・髪・骨などの老化を進行させてしまい、さまざまな病気や体調不良を引き起こすとも考えられているのです。

 

補足!

 

糖化対策は、抗糖化をすることも大切になります。

 

抗糖化(糖化対策)

1.GI値の低いものを食べる
2.食事は抜かないで食べる
3.ゆっくりと噛んで食べる
4.食べる順番は野菜から食べる
5.糖質(炭水化物)を取りすぎない
6.食べすぎを止める
7.ストレスをかけない
8.適度な運動を心がける
9.抗酸化物質を摂取する
10.抗糖化物質を摂取する

 

 

アンチエイジングと食べ物

 

今までのことを見ていくと「アンチエイジング」と「食べ物」は密接な関係にあることが、おわかりいただけたでしょう。

 

そこで気になるのは、「どんな食べ物がアンチエイジングに良いの?」ということ。

 

ここからは、アンチエイジングに良いとされている食べ物をチェックしていきましょう。

 

アンチエイジングフードで内側からキレイに

 

そもそもアンチエイジングフードとは、「老化防止に効果が期待できる食事」と考えられます。

 

アンチエイジングは、さまざまな方面からアプローチできますが、普段の生活で取り入れやすいのは「食事」ではないでしょうか?

 

サプリメントや医療行為と比べるとリーズナブルに始められるだけでなく、生活の一部として取り入れられるのは魅力です。

 

人は必然として「食べる」という行為を行います。

 

毎日生きていく上で必要な「食べる」という行為を見直し、少し先の未来を健やかにするのはとても素敵なことですよね。

 

 

アンチエイジングに良い食べ物80選

 

では早速、今すぐにでも生活に取り入れられるアンチエイジングに良い食べ物を栄養素を主軸としてチェックしていきましょう。

 

 

【ビタミンC】

 

「ビタミンC」は言うまでもなく、アンチエイジングに良い食材です。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成にかかわるだけでなく、抗酸化物質としていろいろな働きをしてくれます。

 

1.いちご

2.キウイフルーツ

3.柑橘類(ビタミンAも)

4.ブロッコリー

5.ピーマン(ビタミンAも)

6.芽キャベツ

7.菜の花

8.じゃがいも

9.トマト

10.くるみ

 

ハヤトウリが愛らしい。美容・老化防止に◎な食材!【ビタミンCが豊富】

 

【ビタミンE】

 

「ビタミンE」は、ホルモンの生成・分泌や抗酸化作用を持っているのが特徴。「血管の掃除人」とも呼ばれているビタミンEは、若々しさを保つためには欠かせない栄養素です。

 

11.アボカド

12.ほうれん草

13.ナッツ類(アーモンド・松の実)

14.たらこ

15.うなぎ

16.モロヘイヤ(ビタミンAも)

17.かぼちゃ(ビタミンAも)

18.うなぎ

19.植物油

 

たらこスパゲッティ!しそ+たらこで、ビタミンAとビタミンEを摂取【美肌にうれしい簡単レシピ】

 

【ビタミンA】

 

ビタミンAには、レチノールと体の中でビタミンAに変化するβカロテンがあります。「美のビタミン」とも呼ばれ、健やかな肌やイキイキとした毛髪を作る手助けをしてくれると言われています。

 

◆レチノール◆

20.レバー

21.あんこうの肝

22.うなぎ

 

βカロテン

23.にんじん

24.すいか

25.ケール

 

カルボナーラはお肌に◎たまご×生クリームでビタミンAを効率よく摂取しよう!

 

【ミネラル類】

 

健康に欠かせない必須ミネラルは現在では、16種類カルシウム・リン・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・鉄・亜鉛・銅・マンガン・クロム・ヨウ素・セレン・モリブデンがあります。

 

カルシウム

26.小魚

27.牛乳

28.干しエビ

29.チーズ

30.ごま

栄養満点!しらすと小松菜のガーリックの和風パスタでカルシウムを食べよう

はちみつ梅干としらすの冷製さっぱり茶漬け。クエン酸でカルシウムの吸収をアップ!

 

リン

31.キンメダイ

32.わかさぎ

 

マグネシウム

33.玄米

34.ひじき

 

カリウム

33.さといも

34.納豆

35.海藻類

 

簡単レシピ!納豆チャーハンは子どもに人気!

 

ナトリウム

35.食塩

36.味噌

37.しょうゆ

38.うめぼし

 

39.牛肉(亜鉛も)

40.丸干しいわし

41.かつお

42.しじみ

 

牛肉と月見卵の丼ぶり!美肌を守るナイアシンも摂取できる

 

亜鉛

43.貝類(ほたて・かきなど)

44.たまご

 

45.イカ

46.ココア

 

マンガン

47.全粒粉類

48.茶葉

 

クロム

49.青のり

50.さば

 

ヨウ素

51.昆布

52.わかめ

 

 

【カロテノイド】

 

黄色または赤色の色素であるカロテノイド。強い抗酸化作用をもっているのでアンチエイジングには欠かせない食材です。

 

52.緑黄色野菜

53.マンゴー

54.パパイヤ

55.とうもろこし

56.赤唐辛子

57.エビ

58.カニ

59.いくら

60.卵黄

 

唐揚げ×マヨコーン!子どもにも食物繊維をおいしくプラス

【簡単レシピ】いくらの醤油漬けを自家製で!リーズナブルで家計にも嬉しい【おいしい】

簡単!エビとトマトソースのパスタ。リコピンで抗酸化作用に期待

 

【良質な動物性たんぱく質】

 

動物性たんぱく質は、アミノ酸も含まれているのでアンチエイジングに◎。肉・魚・卵に含まれていて、ダイエット中は、煮る・蒸すなど工夫して調理すればカロリーを抑えられるのでおすすめです。

 

60.豚肉

61.鶏肉

 

めんつゆで作る豚の生姜焼き!チャチャッと約10分で作ろう

ネギ塩豚丼で食欲増進!がっつり、おいしい簡単レシピ

 

【植物性たんぱく質】

 

植物性たんぱく質は、減量中の身体にも嬉しいカロリー控えめなところが魅力。

 

61.ソラマメ

62.えんどう豆

63.アスパラ

64.ブロッコリー

 

海老とアスパラのクリームパスタ。アスパラギン酸で疲労回復【海老油で香りアップ!】

 

 

【ポリフェノール】

 

LDLコレステロールの酸化を防ぐ効果が期待されているポリフェノール。体には溜められないので、毎日ちょこちょこと摂取するのがおすすめです。

 

65.ブルベリー

66.赤ワイン

67.チョコレート

 

フルーツビネガーの作り方!市販のベリーミックスと氷砂糖で簡単♡炭酸水・牛乳で!

 

【コラーゲン】

 

コラーゲンは、たんぱく質の一種です。体内のコラーゲンが減少してしまうとシワ・たるみの原因になると考えられています。

 

68.手羽先

69.フカヒレ

70.牛すじ

71.アジの開き

 

 

【大豆イソフラボン】

 

 

女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ構造をしているイソフラボン。イソフラボンで女性の加齢によるトラブルのサポートをしましょう。

 

72.豆腐

73.油揚げ

74.きな粉

 

【ビタミンB1を効率よく摂取!】ふんわりやわらか豆腐inハンバーグ

 

【発酵食品】

 

発酵食品は食品の旨味を高めて食品の保存性を高め、腸内環境を整える効果にも期待できます。

 

75.キムチ

76.酒粕

77.塩こうじ

78.甘酒

 

 

【アスタキサンチン】

 

アスタキサンチンは、赤色の天然色素。抗酸化力が非常に高くアンチエイジングフードには欠かせない食材のひとつです。

 

79.鮭

80.真鯛・金目鯛

 

海老油(shrimp oil)でアスタキサンチンを摂取【おすすめレシピ】

 

 

アンチエイジングフードで体の内側からキレイ!

 

 

アンチエイジングフードで、体の内側から健康的にキレイになりましょう。いつもの食べ物を少し意識するだけでアンチエイジングに良い食事を摂取できますよ。

 

 

JUGEMテーマ:ラクラク アンチエイジング

 

 

こちらの記事もおすすめ

マナラホットクレンジングゲルの最安値情報!毛穴の黒ずみ・肌のくすみの悩みを解消!

 

頬が垂れるのはどうして?ほうれい線を消す簡単体操をチェック

 

白ニキビとは?頬・鼻の下・おでこのにきびの治す方法をご紹介

 

アンチエイジングにきのこ料理!ツナときのこのガーリックパスタ

 

しわの原因を知って対策しよう!しわの種類を解説♡いつまでも若々しい肌をキープしよう!

■氷砂糖とミックスベリーでフルーツビネガーシロップ

美容・健康に◎な「酢」を使ったフルーツビネガー

日々日ごろかた「酢」を使った料理を作るのは意外と難しいですよね。「酢の物を作っても、子どもが食べてくれない」といった悩みをお持ちのご家庭も多いでしょう。そんな方には簡単にできる「酢」を使ったフルーツビネガーがおすすめ!今回は冷凍のミックスベリーを使った瓶に入れるだけの簡単フルーツビネガーレシピをご紹介します。

 

 

<材料>

 

・ミックスベリー……約150g

・酢……約150ml(レモンでも!)

・氷砂糖……約150g

※量が多い場合は少なくしてすべて同量でOK!

 

・煮沸した瓶(清潔にした瓶を使用してください)

 

 

 

 <作り方>

1.冷凍のフルーツは解凍して余分な水けをキッチンペーパーでふき取る。

 

 

2.消毒した瓶に、フルーツ→氷砂糖の順番で入れる(最初に半量の氷砂糖→フルーツ→氷砂糖の順番でもOK)蓋をして火のあたらない涼しい場所に置いておく。

 

 

3.様子を見ながら時々、瓶を振ったりして氷砂糖が溶けるのを待つ。氷砂糖は大体3日くらいで全部溶けます。

 

4.氷砂糖が溶けたら、冷蔵庫に入れて保存。炭酸水や牛乳などで割っていただきましょう♪

 

 

<こちらの記事もおすすめ!>

シャトルシェフでローストビーフ!クリスマスにもおすすめ

簡単レシピ!納豆チャーハンは子どもに人気!

 

<酢の栄養素>

お酢は体に良いというイメージを持っている方がほとんどでしょう。体が柔らかくなるなんてことも聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?お酢は疲労回復やダイエットや腸内環境の改善に良いとされていて、美や健康を気にしているなら積極的に取り入れたいもののひとつです。また、過酸化脂質の上昇を抑える効果にも期待できる為、美肌にも良いと言われています。酢を生活に取り入れて、有機酸やアミノ酸を積極的に摂取しましょう。

JUGEMテーマ:飲み物

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:簡単!手抜き!お気楽レシピ

JUGEMテーマ:ラクラク アンチエイジング

■金柑(キンカン)のはちみつ漬けは、のどがつらい時にピッタリ

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

小さいながら栄養素がギュッと詰まっている金柑

 

コロコロと小さな見た目の金柑。調理してみたいな〜と思っても「金柑ってどんな料理に使えばいいの?」とスーパーで売っていても目の前を素通りしてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんなあなたはモッタイない!

 

金柑には、ビタミンC・ビタミンE・食物繊維など体に嬉しい栄養素がギュッと詰まっているため、アンチエイジングに食材と言えます。金柑は丸ごと食べることが可能ですが、そのまま食べると果肉の酸っぱさと皮のほろ苦さが少し苦手と感じる方も多いよう。

 

そこで今回は、金柑を甘く食べやすいはちみつ漬けにしたレシピをご紹介します。

 

 

<材料>(・)

 

・金柑(キンカン)……100〜200g

・はちみつ……100〜200g(金柑が浸るくらい)

・保存容器……1つ

 

 

 

 

 <作り方>

1.長期保存する場合は保存容器をしっかりと消毒しておく。金柑のヘタを取ってしっかりと洗いしっかりと水けをふき取る。(ヘタがとりにくい場合は竹串でとるといいですね。)

 

2.金柑を薄切りや好きな形に切って必要なら種を取り除く。(種は食べても問題ないので今回はこのままにしました。)

 

3.消毒した保存容器に金柑を入れて金柑が浸るようにはちみつを入れる。

 

4.1日冷蔵庫に入れて出来上がり。

 

※はちみつは1歳未満のお子さんが食べると乳児ボツリヌス症にかかる恐れがあるので与えないでください。

厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

※小さなお子さんに作るならお砂糖でも作ることができます。

 

 

 

<金柑(キンカン)の栄養素>

金柑には、ビタミンC・ビタミンE・食物繊維に加え、ビタミンPやヘスペリジンなども含まれています。

 

ビタミンCはアンチエイジングに欠かせない栄養素なのはご存知だと思いますが、ビタミンEは女性の天敵「冷え」にも効果が期待できる栄養素です。ビタミンPは、血圧の上昇を抑える効果が期待できると言われています。

 

ポリフェノールの一種であるヘスペリジンはビタミンCの吸収をサポートしてくれる栄養素です。また、金柑は喉に良いのが有名ですが、このヘスペリジンが喉の炎症を抑える効果が期待できると言われています。

 

さらに、金柑の香り成分であるd-リモネンは、リラックス効果に期待できると人気です。いいこと尽くしの金柑。はちみつ漬けにしたら、そのまま食べるのも良し!紅茶に入れるのも良し!おさ湯に入れるのも良し!と万能に使えるのでおすすめです。

 

 

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 

■ツナときのこのガーリックパスタでおいしいランチ

JUGEMテーマ:簡単!手抜き!お気楽レシピ

 

肌荒れに◎なナイアシンを摂取できるきのこ

おいしくてチャチャっと手軽に作れるパスタ。パスタと相性の良いきのこは、ガーリックとの相性も抜群です。今回は、簡単に作れて栄養素もしっかりと摂取できるツナときのこのガーリックパスタをご紹介します。ツナは、ストック食材として常備している過程も多いですよね。買い物に行くのが面倒だな…なんて時にもぜひ作ってみてくださいね♬

 

 

<材料>(4人分)

 

・パスタ……400g

・きのこ……適量(今回はしめじ・マイタケを使いました♪)

・ツナ缶……2缶(ひと缶でも充分かも…。)

・パセリ……適量

 

・オリーブオイル……大さじ2

・塩コショウ……適量

・顆粒コンソメ……小さじ1

・パスタのゆで汁……100ml程

 

 

 

 <作り方>

1.お鍋にお湯を沸かしパスタを茹でる。その間にツナ缶の油をキリ、きのこを割きます。(エリンギやシイタケの場合は包丁で適当な大きさに切る。)

 

 

2.ニンニクをスライスして、フライパンにオリーブオイルを入れニンニクの香りが出るように炒める。ニンニクの香りが出てきたら、ニンニクを取り出しておく。そこにキノコを入れて炒める。きのこがしんなりしたら、ツナ缶を入れて炒める。

 

3.ゆであがる前にパスタのゆで汁を100ml程度とって、きのこの入っているフライパンに入れ、そこに顆粒コンソメ・一度取り出したニンニク・塩コショウを入れ味を整え炒める。

 

4.茹で上がったらお湯を切り、フライパンにパスタを入れてよく絡めてお皿に盛りつけてパセリを散らせばできあがり♪黒コショウもよく合いますよ。

 

・PR毎日のお仕事やご家庭のこと・・・。 時間がいくらあっても足りないっ・・・。 たまには、楽して食事しませんか? ファインダインの出前は レストランのシェフが作る本格料理を 最短30分でお届け! だから、温かくて、美味しい!

 

シャトルシェフでローストビーフ!クリスマスにもおすすめ

簡単レシピ!納豆チャーハンは子どもに人気!

 

<きのこの栄養素>

きのこ類には、免疫力を高めることが期待できるβ-グルカンが多く含まれていることでも注目されている食材です。また、食物繊維を多く含み低カロリーな食材なので、ダイエット中の方にもおすすめ。キノコ類の食物繊維は不溶性食物繊維が豊富なので、腸の中をきれいにして便秘を防ぐ効果も期待できます。美肌への効果が期待できるビタミンB2も多く含んでおり、食べ盛りで脂っこい食べ物を多く摂取しがちなお子さんにも積極的に食べてもらいたい食材です。ビタミンB2は水溶性食物繊維のため、サッと炒める又は、すべて摂取できるような調理法をするのがよいでしょう。

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

JUGEMテーマ:簡単!手抜き!お気楽レシピ

 

 

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

■ハヤトウリとカニカマのあんかけ

 

 

先日、ハヤトウリをいただきました。ぽってりとしたカボチャのようなフォルム、ホワイトカラーの愛らしさに、ほっこり。マリメッコのプータリンパルハートの中に混じってそうなデザインが、かわいい。味わいも繊細で優しく味もしみやすいので、子どもでも食べやすいお野菜ですよ。

 

 

 

<材料>(2人分)

 

・ハヤトウウリ……1個

・カニカマ……適量

 

A

・水……300ml

・顆粒鶏ガラだし……小2

・塩……少々

・砂糖……小1/2

 

B(水溶き片栗粉)

・水……大1

・片栗粉……大1

 

・ごま油……数滴(香り付けに)

 

 

 

 <作り方>

1.ハヤトウウリは食べやすい大きさに切り、皮・種を抜く。鍋に分量外の水を入れ5分程度湯がき水気を切り、茹でている間に、カニカマをほぐしておく。

 

2.Aを鍋にいれ、湯がいたハヤトウウリを入れコトコト10分程度茹でる。ハヤトウウリに火が通ったらBの水溶き片栗粉を入れてとろみが出るまで混ぜる。

 

3.トロミが付いたら、ほぐしたカニカマを入れ、ひと煮立ちし、香り付けのごま油を回し入れてできあがり

 

 

<ハヤトウウリの栄養素>

ハヤトウウリは、カロリーも低くダイエットに適している食材です。調味料もしみやすく薄味で作ってもホクホクとした食感がおいしいので、子どもにも大人にもピッタリ。ハヤトウウリには、ビタミンCや葉酸が多く含まれているので、女性にとっても嬉しい食材です。

 

 ※当ブログで掲載している記事内容は、個人で調べた内容になります。レシピはオリジナルのものですが、「効果」などは実証されているものではございません。参考程度に楽しんでごらんいただければと思います。また、ブログ内に書かれている食品素材などの効果の「正確性」や「安全性」は保証しかねますのであらかじめご了承ください。また、ブログ内で紹介している記事に関連して、いかなる損害についても、当方では責任を負いかねますのでご了承ください。あくまでも参考程度に閲覧いただければ幸いです。「作ってみようかな?」「試してみようかな?」と思っていただけるような「近所のお友達」に聞いたような感覚で記事を閲覧いただけたらうれしいです。

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

おすすめ

応援よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

PR

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • すっぽん小町は妊婦・授乳中でも大丈夫?3つの特徴と価格をチェック
    カジノ エックス
  • フルーツビネガーの作り方!市販のベリーミックスと氷砂糖で簡単♡炭酸水・牛乳で!
    a

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM